大人気テーラー「チッチオ」の既製パンツに宿る”本物の上質”とは?【水曜日のグレーパンツ】

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

グレーパンツの細かい話。—「今」な王道スタイル1週間—

関連記事一覧: コンサバ手帖「グレーパンツの細かい話。」シリーズ

「チッチオ」のグレーパンツを使ったジャケパンスタイル

“本物の上質”とはこういうことを言うのか

今日のパンツは青山のテーラー、チッチオによる既製品。ナポリの職人との共作で、裁断はチッチオ、縫製はナポリだ。当地は装飾的なパンツが多いが、これは極めてシンプル。手縫いの温もりを基調にしつつ、極力装飾を排するのはチッチオの美学だ。本当にここは趣味がいい。テーラーが売るパンツだからと、購入時に微妙な補正をしてくれるのにも感心。本物の上質にはごまかしがない。それを教えてくれるパンツだ。

パンツ7万9000円/チッチオ(チッチオジャパン) ジャケット18万7000円/サルトリオ、シャツ2万3000円/ストラスブルゴ(以上ストラスブルゴ) メガネ3万3000円/イエローズプラス(コンティニュエ) 時計210万円/ヴァシュロン・コンスタンタン(ヴァシュロン・コンスタンタン) 靴7万9000円/クロケット&ジョーンズ(ビームス ハウス 丸の内) ベルト〈スタイリスト私物〉

[MEN’S EX2018年6月号の記事を再構成]
撮影/竹内一将(STUH) スタイリング/四方章敬 ヘアメイク/MASAYUKI(The VOICE) 撮影協力/アルフレックス東京

※表示価格は税抜き

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Jun. VOL.322

6

[DIGITAL Edition]

  1. 1
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop