在宅ワーク疲れは“ながら”でトルが今どきの解決法 在宅ワーク疲れは“ながら”でトルが今どきの解決法

【応用編】「土日の服が分からない」定番アイテムのコーデ4選

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

カジュアルの着こなしも応用力で差がつく!

 前回の記事「王道コーデ4選」の続編として、「夏のカジュアルの代表的なアイテムがわからない。」の声に応え、定番アイテムによるコーディネートをご紹介。ネイビーブレザー、ホワイトパンツ、デニムシャツ、淡色ニットと、誰もが一枚はもっているであろう定番アイテムの着こなしの【応用編】をお届けしよう。

ネイビーブレザー:スポーティとドレスのいいとこ取り

オンはスポーティにドレスダウンできる服として、オフには品よくドレスアップできる服として活躍するネイビーブレザーは、究極のマルチプレーヤーといえる。

定番アイテムの王道コーデ
ジャケット8万6000円/マッキントッシュ ロンドン(SANYO SHOKAI〈カスタマーサポート〉) ポロシャツ2万4000円/ザノーネ(ビームス ハウス 丸の内) パンツ3万1000円/ロータ(トゥモローランド) チーフ5000円/ステファノ ビジ、ベルト9000円/ホワイトハウス コックス×エディフィス(以上エディフィス 渋谷) 靴9万5000円/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店)

【応用コーデ】チノパン×ポロシャツも、色使いで新鮮みが出る

デニムと並んでポロシャツやチノパンとの合わせも王道といえるが、華やかな色のポロを選ぶだけで、装いは印象的に一変する。右のコーデでは、チーフにもさらりと柄モノをチョイス。足元は黒の革靴で締めて、シックな趣を保とう。



ホワイトパンツ:きれいめスタイルの要

あらゆるカジュアルを品よくまとめる切り札であり、こと夏の装いにはなくてはならないホワイトパンツ。色柄合わせを選ばず様々に遊べるのも、これの魅力だ。

定番アイテムの王道コーデ
パンツ2万3000円/ブリリア 1949(トヨダトレーディング プレスルーム) ポロシャツ3万1000円/ジョン スメドレー(ビームス ハウス 丸の内) ストール2万円/ピエール=ルイ・マシア(ラ ガゼッタ 1987 青山店) ベルト8500円/サドラーズ(サドラーズ) 靴4万7000円/マルテガーニ(ウィリー)

【応用コーデ】ブラック×ホワイトの対比でモダンに演出

トップスの色柄を選ばないのもホワイトパンツの魅力だが、ぜひ挑戦したいのが黒との色合わせ。無彩色かつ高コントラストのこの配色にはどこかモードの趣が漂い、洗練されて見えるのだ。小物でさらりと色を差すとより深みが出る。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Oct. VOL.315

10

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
今月の読者プレゼント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop