>> この記事の先頭に戻る



クラシック回帰の一方、機械はますます熟成進化

今年SIHH & バーゼルで発表された新作時計の傾向として、まず挙げるべきは、小径化だ。デカ厚ブームを牽引したブランドも続々40mmを割るサイズを展開。これは手首が細い人が多いアジア市場の要請に加え、控えめなサイズのほうが、よりセンスよく見えるという時計ファン全体のマインドの変化もあるようだ。

また色ではグリーン、ケース素材ではチタンやセラミック、カーボンが目立った。ちなみに前者については時計王・松山 猛さんは「殺伐とした時代だからこそ、グリーンがイメージさせる生命力、平穏、エコロジーといった世界観を多くの人が求め始めているのでは?」という俯瞰的な目線で分析をなさっていた。

機械的には、自社製ムーブ搭載の流れはさらに一段進み、脱進機に非耐磁性のシリコンを用いたものが多く登場。デザインは相変わらずクラッシク回帰がトレンドだが、ポテンシャル面は確実に進化しているのだ。



[MEN’S EX 2018年7月号の記事を再構成]
文/吉田 巌(十万馬力)

※表示価格は税抜き

<font size=4><b>CITIZEN</b></font><br />シチズン<br /><font color=red><b>サテライト ウエーブ GPS F990</b></font><br />スーパーチタニウム?ケースに、GPS電波を捉える光発電エコ・ドライブCal.F990を搭載。オーロライメージのミステリアスな色使いも◎。世界限定1500本。径48.5mm。秋以降発売予定。34万円(シチズンお客様時計相談室)

CITIZEN
シチズン
サテライト ウエーブ GPS F990
スーパーチタニウム?ケースに、GPS電波を捉える光発電エコ・ドライブCal.F990を搭載。オーロライメージのミステリアスな色使いも◎。世界限定1500本。径48.5mm。秋以降発売予定。34万円(シチズンお客様時計相談室)

<font size=4><b>ROLEX</b></font><br />ロレックス<br /><font color=red><b>GMTマスターⅡ SSケース</b></font><br />1950年代の初代モデルを踏襲するレッド×ブルーのベゼルを艶やかなセラミックで表現した。SSのGMTマスターでは初となる5連ジュビリーブレスも気品を添える。自動巻き。径40mm。88万円(日本ロレックス)

ROLEX
ロレックス
GMTマスターⅡ SSケース
1950年代の初代モデルを踏襲するレッド×ブルーのベゼルを艶やかなセラミックで表現した。SSのGMTマスターでは初となる5連ジュビリーブレスも気品を添える。自動巻き。径40mm。88万円(日本ロレックス)

<font size=4><b>TRUME</b></font><br />トゥルーム<br /><font color=red><b>Mコレクション TR-MB7005 チタン・レザーバンド</b></font><br />光充電GPS衛星電波クォーツを搭載。高度や気圧など全てアナログ針で表示する。迫力ある外観も魅力。経年変化するレザーバンドのほか、ナイロンバンドも付属。径45.9mm。チタンケース。発売中。24万円(エプソン)

TRUME
トゥルーム
Mコレクション TR-MB7005 チタン・レザーバンド
光充電GPS衛星電波クォーツを搭載。高度や気圧など全てアナログ針で表示する。迫力ある外観も魅力。経年変化するレザーバンドのほか、ナイロンバンドも付属。径45.9mm。チタンケース。発売中。24万円(エプソン)

<font size=4><b>LOUIS VUITTON</b></font><br />ルイ・ヴィトン<br /><font color=red><b>タンブール エッセンシャル グレー GMT</b></font><br />「旅」の印象が強いタンブールの新作。サンレイ仕上げのシャイニーなグレー文字盤に大きな赤いGMT針が映える。自動巻き。径41.5mm。SSケース。51万2000円〜(ストラップにより異なる)(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)

LOUIS VUITTON
ルイ・ヴィトン
タンブール エッセンシャル グレー GMT
「旅」の印象が強いタンブールの新作。サンレイ仕上げのシャイニーなグレー文字盤に大きな赤いGMT針が映える。自動巻き。径41.5mm。SSケース。51万2000円〜(ストラップにより異なる)(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)

  1. 2
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • X
  • Instagram
  • YouTube
  • Facebook
  • X
  • Instagram
  • YouTube
pagetop