1着で「ゴルフ⇄仕事⇄休日」すべて着回せるセットアップ、発見! 1着で「ゴルフ⇄仕事⇄休日」すべて着回せるセットアップ、発見!

ラドーの美しき試み【時計王・松山 猛のBASEL2018】

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加
バーゼル


バーゼル取材 DAY1

自然の美しさとハイテクセラミックス

ラドーの2018年の新作、「トゥルー シンライン ネイチャー」は、ハイテクセラミックスのケースとブレスレットによる、名前の通り装着感が良さそうな極薄の腕時計だ。そしてその文字盤のデザイン・コンセプトが自然をモチーフにしていて素敵だった。

イタリアで伝統的な庭園を守る活動をしている、グランディ・ジャルディーニ・イタリアーニという保護団体があり、その活動にインスパイアされて作られたこのシリーズには、3種類の文字盤がある。

ラドー
関連記事:ラドーの超薄型セラミックス時計はマザー・オブ・パールに葉脈を描いた自然派グリーン【BASEL2018新作】


カラーバリエーション(写真2枚)



その一つはすべての生命の源である海の水をモチーフにした、ブルーのマザー・オブ・パールの文字盤を持つ物。
そしてグリーンの文字盤のマザー・オブ・パールは、文字盤の裏側に細密な木の葉の葉脈のようなパターンがプリントされていて、光の角度によってそれが浮かび上がるという、とてもファンタジックな仕掛けが施されているのだ。
またもう一つの文字盤は、水をまかれた土の地面のようなテクスチュアが施されていて、これも光の角度によって、ぬかるみの水が光るようなイメージなのだが、このようにぬかるみをデザインのモチーフにするという感覚が新しいものに思えた。ナチュラリストの人々には、こうした自然が見せる表情も愛おしいのであろう。

ラドー
関連記事:アートな感性で輪列を魅せる、ラドーの独創性に感服!【BASEL2018新作】


ラドーからはまた、自動巻きムーブメントを搭載したダイヤマスターの新作を発表したが、この時計はその全ての構成要素が、アシンメトリーの連続技で、文字盤の上を一本のバーが水平に貫通し、その上に時、分針があり、輪列が斜め左側に伸びた先にスモールセコンドが配置されている。
つまりいくつもの円が、ずれながら重なりあうという、不思議なデザインはこれまでにない、時計の面白さを演出しているのだ。そして輪列の歯車の動きが、一部がシースルーになったによって見えるというのも、時計メカ好きには嬉しい仕掛けである。
ブラック ハイテクセラミックスによるケースと、レザーベルトの組み合わせによって、この時計はなかなかシックな、ドレスウォッチとして仕上がっている。
ハイテクセラミックスは、ステンレスに比べて25パーセントも軽く、腕に馴染み易いうえ、アレルギーにも対応するなど、現代の暮らしに適したものだ。

バーゼル取材 フォトギャラリー(写真2枚)



Profile
松山 猛 Takeshi Matsuyama
1946年京都生まれ。作家、作詞家、編集者。MEN’S EX本誌創刊以前の1980年代からスイス機械式時計のもの作りに注目し、取材、評論を続ける。バーゼル101年の歴史の3割を実際に取材してきたジャーナリストはそうはいない。



撮影/岸田克法、小澤達也 文/松山 猛

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Oct. VOL.315

10

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
今月の読者プレゼント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop