マイクロスコープを使って自分の頭皮状態を見る
わりときれいな頭皮ということで、ホッとしました。

まずは、カウンセリング。マイクロスコープを使って自分の頭皮状態を見ます。毎日、セルフでスカルプケアをしているだけあって、毛穴の詰まりもほとんどなく、さらに青白い頭皮で健康な状態を保っていました。ひと安心。でも、ところどころ角栓様物質がありまして、これを放っておくと髪の育成にはよくありません。

国産の天然ベントナイト
国産の天然ベントナイト。汚れや酸化した不要な皮脂を吸着します。
髪をブロッキングしてていねいに塗布
髪をブロッキングしてていねいに塗布します。

早速、汚れを浮かすクレイパックを塗布。国産の天然ベントナイト100%で、汚れや余分な皮脂を吸着してスッキリとオフしてくれます。「強力なので、塗ったらすぐ流します」と担当の北澤さん。

炭酸のシャンプーに炭酸水で徹底的にクレンジング
炭酸のシャンプーに炭酸水で徹底的にクレンジングします。

続いて、炭酸水を使ってパックを流し、そのままシャンプーへ。シャンプーは「ミネコラ アクティブ スパ フォーム」というこれまた炭酸が入ったもの。濃度約7,000ppmのきめ細やかな炭酸泡でシュワシュワと泡立ちます。清涼感があって、これがなかなか気持ちいい。

なぜここまで炭酸推しなのかといいますと、美容業界では血流をよくなるという炭酸が一大ブームなんです。皮膚や頭皮からも浸透しやすくて、手軽な炭酸はコスメやシャンプー、そして美容ギアへと様々に応用されています。

シャンプー後、髪の短い人はそのままですが、ちょっと長さがあるなら毛先に「プラチナトリートメント」を塗布します。炭酸水できちんとすすいでから、タオルドライをして炭酸ミストマシーンでさらなるディープクレンジングを。マイナスイオンを含有する浸透促進剤を高浸透させ、頭皮の活性化と殺菌作用を促します。つまりは今までのは、この後にくるメインイベントを迎えるための壮大な下準備。

ヒト幹細胞培養液を高浸透させる
炭酸ミストマシーンでディープクレンジングをした後、ヒト幹細胞培養液を高浸透させます。

このように徹底的に頭皮をクリアにしてから、真打ちの登場。「ヒト幹細胞培養液」を先ほども使った炭酸ミストマシーンで高浸透させます。ここがミソ! とはいえ、シュッと吹きかけられるだけで、決して痛みなどはありません。以前、主流だったのは注射で有効成分を頭皮に打つメソセラピーでしたが、あれは麻酔をしても(むしろ麻酔の注射が)かなり痛いものでした。注射のように侵襲性がないというのは体への負担がなくて、これはうれしいことですね。

皮の活性化を目的にしたマシン・RElight
頭皮の活性化を目的にしたマシン・RElightは日本製。熱さなどは感じません。

そうこうしているうちに、ヘッドスパが始まります。揉まれて改めてわかる自分のコリ。北澤さんが的確にツボを押してくれて、それがイタキモなのです。普段からケアしているボクでさえ、そうなのですから何もしていない人はきっとすごいはず。電磁波を発生させない「復元ドライヤー」で髪を傷めずに乾かし、最後に青色LED、赤色LED、低周波、近赤外線を組み合わせた「RElight」というマシンを30分ほど当てます。おでこと首に低周波のパッドを貼るのですが、これが忘れた頃にピリリっと刺激を与えてくるので寝ることはやや難しいかも(笑)

メンズ育毛コースのホームケア
このメンズ育毛コースにはホームケアとして、件のミネコラのシャンプーと、アクティバート04 スカルプローションが3セット(6万円分)が含まれています。

全部が終わると、再度ファイバースコープで頭皮チェック。先ほどの角栓も見事に取れ「ホール(毛穴)がしっかりしていますね」と北澤さんの太鼓判も押してもらいました。頭頂部がやや黄色かったのは「日焼けですね」とのこと。ここのところ、つい頭皮の日焼け止めを忘れちゃうことが多かったからでしょう。

DATA

メンズ 育毛コース 27万5000円
全14回 (3ヶ月/育毛徹底コース 4回+育毛サポートコース 10回)
入会金 3万円

アール・イー・サロン 表参道店
https://www.resalon.co.jp

取材・文/藤村 岳

  1. 2

SHOES

人気の靴 その歴史

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

Smartnewsでチャンネル登録
今月の読者プレゼント
サステナ
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop