旅するコラムニスト中村孝則さんが今、気になる「最高の朝食に出会える宿」とは?

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

泊まった者だけが味わえる特別な”食”を求めて

ただ、ラグジュアリーな宿に泊まるだけでは飽き足りない。その土地、その宿に泊まってこそ味わえる朝食こそ極上の贅。



箱根料理宿 弓庵

箱根料理宿 弓庵
(車)21.0km/リットルという低燃費、レクサスらしいドライバーに優しい”おもてなし”機能がつまっている。596万円〜(消費税込み価格)(レクサス インフォメーション デスク)

地産地消を進化させたローカルガストロノミーで食文化をまるごと味わう

職業”旅人”ともいえるほど国内外を頻繁に旅するコラムニスト中村孝則さんが今、気になるのは、

「ローカルガストロノミーの旅です。今や美味しいものは、どこでも食べられる時代ですよね。だからこそ”フーディーズ”と呼ばれる食通たちは、その土地で暮らす人々のパワーまでいただくような、トータルな食文化体験を熱望しています。中には独自の情報網を駆使し、美食の宿情報をシェアする人たちもいるほどです」

こうしたローカルガストロノミーを体験できる宿は、海外に比べて日本ではまだ少ないという。中でもそういった宿が供する、地の物を使った朝食は、泊まった人だけが味わえる特権。極上の朝食は今、ツウな旅人の目的となっている。

「日本の地方には価値ある食材やお酒がたくさん眠っています。それらを魅力的に提供しているローカルガストロノミーの先駆者が、今回ご紹介する3軒。なかでも朝食が素晴らしいと評判の『箱根料理宿 弓庵』に注目しています」

箱根料理宿 弓庵
温泉

箱根料理宿 弓庵

「ラグジュアリーすぎる『日本一の朝食』が食通の友人の間で話題です」。地産のブランド牛や近海の海産物などの地元食材を中心に、季節感と物語性を盛り込んだ五感に訴える懐石料理を、夜も朝も楽しめる源泉かけ流しの宿。特に朝食「美健の膳」は、身体に優しい食材や味付け、調理が自慢。一日を健やかに始めることができる。

住所:神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297-248
TEL:0460-86-0030

<span style=font-size:1.1em;><strong>里山十帖</strong></span><br /><br /><strong>起き抜けの胃袋にしみる地元・新潟の山海の幸</strong><br />「日本のローカルガストロノミーを牽引する宿。失われつつある新潟の伝統野菜や発酵料理を積極的に提供しています」。SANABURI朝食では、日本海産の鰯の生姜煮や彩り野菜たっぷりの野菜鍋、南魚沼産コシヒカリなど、地元の海の幸・山の幸を堪能できる。<br />住所:新潟県南魚沼市大沢1209-6/TEL:025-783-6777

里山十帖

起き抜けの胃袋にしみる地元・新潟の山海の幸
「日本のローカルガストロノミーを牽引する宿。失われつつある新潟の伝統野菜や発酵料理を積極的に提供しています」。SANABURI朝食では、日本海産の鰯の生姜煮や彩り野菜たっぷりの野菜鍋、南魚沼産コシヒカリなど、地元の海の幸・山の幸を堪能できる。
住所:新潟県南魚沼市大沢1209-6/TEL:025-783-6777

<span style=font-size:1.1em;><strong>ロテル・デュ・ラク</strong></span><br /><br /><strong>湖国の恵み約40品を朝から出来たてでいただける</strong><br />「近江の食材を田崎真也氏がプロデュースするオーベルジュ。昨年は地元の名店『徳山鮓』による発酵料理のイベントで舌鼓」。朝食では近江牛ステーキや湖魚の一夜干しなど、約40品の和洋食をオーダーブッフェ形式で注文できる。<br />住所:滋賀県長浜市西浅井町大浦2064/TEL:0749-89-1888

ロテル・デュ・ラク

湖国の恵み約40品を朝から出来たてでいただける
「近江の食材を田崎真也氏がプロデュースするオーベルジュ。昨年は地元の名店『徳山鮓』による発酵料理のイベントで舌鼓」。朝食では近江牛ステーキや湖魚の一夜干しなど、約40品の和洋食をオーダーブッフェ形式で注文できる。
住所:滋賀県長浜市西浅井町大浦2064/TEL:0749-89-1888

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Jun. VOL.322

6

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop