>> この記事の先頭に戻る

図工が得意だった小学校時代

「ちょっと変わった子どもでした」と太田さんは幼少期を振り返る。小学校のテストではすべて記入し終えると、答案用紙の裏面に絵を描いているような図工好き。小学校1年生のときに版画で銀賞を獲得したこともある。しかし、活発な面もあり、小学2年から高校1年生まではボーイスカウトに入団していたほか、プロレス好きでスタン・ハンセンのファンだった。その一方、ご本人曰く人付き合いは得意ではなかったとか。

「小学3、4年生ごろまでは人見知りが激しくて、人前に出るのが嫌いでした。でも、『このままではいけない!』と、小学5年生のときに一念発起して学級委員に立候補したんです。選挙には女子に人気の同級生がもう一人、出馬。クラスの男子は僕に投票してくれましたが、女子の票がライバルに流れ、結局、僕は副学級委員に。当時は背が低かったし、ぽっちゃりしていましたから、モテるタイプと真逆でしたね(笑)」。

小学3年生で早くもランドセルと決別

太田さんのファッションへの芽生えは、一般的な男性よりもかなり早かった。いとこのお下がりでVANのランチコートを小学校時代から着ていたほか、小学校3年生でランドセルを卒業したそうだ。周囲がフカフカで光沢が強い合成皮革のランドセルを背負っているなか、太田さんのそれはリアルレザー。当然、上質なものを背負っているのだが「しわしわで、ぺったんこなのがイヤだったんです」と太田さん。代わりに持ち始めたのは海外に行き来しながら仕事をしていた叔母さんからもらったというパンナム(※)のバッグだった。

※パンアメリカン航空の通称。アメリカを代表する航空会社であったが、1990年代に破産した。当時、ロゴマークは非常によく知られていた。

太っている子はアイビーが似合う!?

太田裕康さんの高校時代の剣道大会の様子
中学・高校時代は剣道部で活躍。写真は1987年、高校時代の剣道大会の様子。2列目の左から5人目が太田さんだ。

中学に入った太田さんは剣道部に所属した。3年間の間に急激に痩せて身長も伸びた。部活の一方、ファッションへの熱意は増していく。そのきっかけは中学生向け雑誌『中1コース』で見つけた『太っている子はアイビーが似合う』との記述。また、お母さんやお姉さんがオシャレ好きであったり、仕事で海外渡航を頻繁にする親族がいたりと、太田さんがファッションに興味を持つ土壌は揃っていた。

「当時、『ファイン』や『JJ』といった雑誌を読んでいる6歳年上の姉をカッコいいなと思っていました。はじめのうちは姉の選んだサテンジャンパーにコーデュロイのジーンズ、アディダスのスニーカーなど、丘サーファーみたいな恰好をさせられていたわけですが、『アイビーってなに!?』と姉に質問をしまして」。

入社した年に先輩から譲ってもらったというジョンロブ。「なんとかっこいい靴だろう」とエルメスに行き、それ以降、かなりの数のジョンロブを購入した。所有するのはローファーばかりで、リオが5足、ロペスが2足。ネイビーカーフ、グリーンカーフ、スエード、ブラック、コンビなど、色や素材のバリエーションは各種揃えられている。ザ ソブリンハウス20周年としてジョンロブに別注をしたときは感無量だったそう。

入社した年に先輩から譲ってもらったというジョンロブ。「なんとかっこいい靴だろう」とエルメスに行き、それ以降、かなりの数のジョンロブを購入した。所有するのはローファーばかりで、リオが5足、ロペスが2足。ネイビーカーフ、グリーンカーフ、スエード、ブラック、コンビなど、色や素材のバリエーションは各種揃えられている。ザ ソブリンハウス20周年としてジョンロブに別注をしたときは感無量だったそう。

小学校時代は野球チームのピンバッジ、シャープペンなどの文具集めと、昔からコレクション趣味のある太田さん。現在は剣道の防具、イタリアBBRのミニカー、時計などを集めている。時計はパテック フィリップやオーデマ ピゲ、ロレックス、Gショック、スウォッチなど15本ほどのコレクションがある。写真は18年前にパリで購入したジャガールクルト。ビンテージのダイバーズウォッチで、「大きすぎるのはいかがなものか?」とボーイズサイズをチョイスした。

小学校時代は野球チームのピンバッジ、シャープペンなどの文具集めと、昔からコレクション趣味のある太田さん。現在は剣道の防具、イタリアBBRのミニカー、時計などを集めている。時計はパテック フィリップやオーデマ ピゲ、ロレックス、Gショック、スウォッチなど15本ほどのコレクションがある。写真は18年前にパリで購入したジャガールクルト。ビンテージのダイバーズウォッチで、「大きすぎるのはいかがなものか?」とボーイズサイズをチョイスした。

アバクロンビー&フィッチの古着のサファリジャケット。おそらく1960年代〜70年代ごろのものと思われる。「今でも重宝している一着です」と太田さん。

アバクロンビー&フィッチの古着のサファリジャケット。おそらく1960年代〜70年代ごろのものと思われる。「今でも重宝している一着です」と太田さん。

マロのネクタイ。’97年頃にユナイテッドアローズで購入した。

マロのネクタイ。’97年頃にユナイテッドアローズで購入した。

芯地がなく非常に軽やかな仕立てのネクタイはアットリーニのもの。こちらは’97年から’98年頃に購入したものだそう。

芯地がなく非常に軽やかな仕立てのネクタイはアットリーニのもの。こちらは’97年から’98年頃に購入したものだそう。

  1. 2
3
LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop