>> この記事の先頭に戻る

THE CAMPBELL BAR」はどのように作られたか?

voice_20180825_ny08_campbell_bar.jpg
シックでカッコいい「キャンベルバー」の店内。

その伝説のバーの名前は、「THE CAMPBELL BAR」(キャンベルバー)という。グランドセントラルステーションの、ヴァンダービルト通りというとても分かりにくい通りに、ひっそりと入り口がある。

voice_20180825_ny08_1370694.jpg
人に教えてもらえないと、辿り着けなそうな、目立たない入り口。
voice_20180825_ny08_1370744a.jpg
階段を上がると、隠れ家的に鉄の扉が登場!
voice_20180825_ny08_1370747.jpg
この奥に、「THE CAMPBELL BAR」が潜んでいる!

もともとは、1923年にアメリカの金融家でノース・メトロ鉄道の幹部でもあった億万長者、ジョン・W・キャンベル氏が、自信のオフィスをこのグランドセントラルステーションの中に作ったのが始まり。室内に暖炉を入れたり、下階を見下ろせるロフトも作ったりと、ゴージャスなオフィスとなっていた。夜になると、彼は仕事仲間や友人をオフィスに招き、音楽を聴いたり、お酒を飲んだり、禁酒法時代の隠れ家的な交友の場としても使っていたそうだ。

1957年に彼が亡くなった後は、その華やかな場は、倉庫として使われていたが、1999年にグループ会社に買い取られ「The CAMPBELL APARTMENT」というバーに生まれ変わったそうだ。それも2016年に一度クローズしてしまい、2017年の春、「The CAMPBELL BAR」として待望の再オープンを果たしたそうだ。

そして再オープンした、めちゃめちゃカッコいいバーがこちら!

voice_20180825_ny08_campbell_bar2.jpg
アンティーク感満載の店内

オープンは12時からだが、早くも12時からここの存在を知っているニューヨーカーや観光客の方たちが一杯飲みに訪れていた。昼の時間帯でも店内は採光を落としてムーディな感じ。当時キャンベル氏が、13世紀のフィレンツェをテーマにして漆喰の壁に描かせた手描きの絵やステンドグラスなど、ゴージャスな内装が大切に残されているのも、また素敵なのだ! また、店内の奥には、キャンベル氏が使っていたと思われる名前入りの金庫がそのまま、オブジェとして暖炉の中に置かれていたりもして、そんなところもさりげなく歴史を感じさせてくれるのだ。

voice_20180825_ny08_1370717.jpg
キャンベル氏の名前が確かに刻まれている!

また、上にはロフト階もあって、この上から下の内装を見ながら一杯……というのも素敵な時間。

voice_20180825_ny8_view.jpg
上のロフト階
voice_20180825_ny08_1370722s.jpg
上からの眺めもカッコいい!

写真好きも必見! 歴史を感じさせるキャンベルバーの内装(写真5枚)

窓枠や天井、部分的に昔の姿をそのまま生かして再生されたこのバーに座っていたら、この雰囲気、何かに似ている……気がしてきた。そして東京駅の「東京ステーションホテル」のバーが、頭の中にふっと浮かんできた。そういえば東京駅も、駅舎が出来てから100年以上が経ち、その古い駅舎に2012年、東京ステーションホテルは「歴史的復原」をした。その中にあるバーオークやバーカメリアは、壁の一部に100年前の赤レンガを使ったり、鉄骨が残っていたり、壁のサインに昔のままの書体を使っていたりして、それはそれはいい雰囲気なのだ。

当時私は「復原」という単語をあまり聞いたことがなくて、「復元」の間違いかなと不思議に思った記憶がある。そして、実は「復元」は「失われて消えてしまったものをかつての姿どおりに新たに作る」という意味で、「復原」は「元々の姿が改造されたり、変化してしまった現状の姿を元通りに戻す」という意味であることを知った。東京ステーションホテルは、見事に100年の時を経て復原し、その建物は「Living Heritage」と呼ばれている。それと同じように、マンハッタンの玄関口であるこのグランドセントラルステーションのキャンベルバーも、見事な復原によって「Living Heritage」として蘇ったのだ。

歴史的建物、グランドセントラルステーション。

歴史的建物、グランドセントラルステーション。

地下の通路の上に書いてある方向指示も、歴史ある感じでカッコいいのだ。

地下の通路の上に書いてある方向指示も、歴史ある感じでカッコいいのだ。

時計もクラシック!

時計もクラシック!

発着案内も絵になる〜。

発着案内も絵になる〜。

カーブを描いた天井もカッコいい!

カーブを描いた天井もカッコいい!

電車のホームは、中央広場から直接行けるようになっている。

電車のホームは、中央広場から直接行けるようになっている。

昼でも適度な暗さを残し、シックな店内。

昼でも適度な暗さを残し、シックな店内。

天井の彫刻も素敵。

天井の彫刻も素敵。

窓の外の枠組みは、昔のものをそのまま使っている。東京駅のバーを思い出す。

窓の外の枠組みは、昔のものをそのまま使っている。東京駅のバーを思い出す。

絵になるカウンター!

絵になるカウンター!

格子の扉も、昔のものを残している。

格子の扉も、昔のものを残している。

パイナップルの形のカップに入ったカクテルは、2人用。

パイナップルの形のカップに入ったカクテルは、2人用。

食事メニューもあるので、ランチや軽いディナーにも利用できる。

食事メニューもあるので、ランチや軽いディナーにも利用できる。

メニューには、キャンベルバーの歴史解説も。

メニューには、キャンベルバーの歴史解説も。

カクテルの種類はかなり豊富!

カクテルの種類はかなり豊富!

日本酒なども置いている。

日本酒なども置いている。

こちらが地下のグランドセントラルマーケット。

こちらが地下のグランドセントラルマーケット。

お土産用のお菓子もここで調達可能!

お土産用のお菓子もここで調達可能!

新鮮なグローサリーも売っていたり……

新鮮なグローサリーも売っていたり……

ホテルの部屋飲み用のおつまみに、オリーブを買っていくのもアリ。

ホテルの部屋飲み用のおつまみに、オリーブを買っていくのもアリ。

  1. 2
3
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop