>> この記事の先頭に戻る

奥野さんの思い出写真館 Part2(写真2枚)



ヒット企画を次々に生み出すことに成功

企画では人気商品を生み出すために、まずセレクトショップにないものを作るのが目標。そこで、ユニークな企画を次々に繰り出して、数々のヒット商品が誕生した。 まず着手したのは生地の企画。スナップで見たイタリアの著名人、ラポ・エルカーン氏が着用していた大胆なジャケットのチェック柄を再現したり、カシミヤとキッドモヘアをミックスした生地を作ってみたり。後者は冬と夏の生地をミックスすることで、ハリがあるのに柔らかいユニークな素材が出来上がった。

当初はイタリア、英国の生地で様々な企画に挑戦し、次第に奥野さんは日本製の生地にも目を向けるようになる。最初に手掛けたのは綿麻のダンガリー。また、どこにも負けない強度があるといわれるほどの播州産のオックスフォード生地を使った一着は「帆布?」と言われるほどのしっかりしたもの。

ラポ・エルカーン氏のスナップで見かけたジャケットの生地を再現した企画
ラポ・エルカーン氏のスナップで見かけたジャケットの生地を再現した企画も大人気となった。

ヒット企画は枚挙にいとまがない。ウィリアム ハルステッドのモヘア混のソラーロ生地などは、「とりあえず、依頼してみたら出来上がりました」と奥野さん。

苦労しつつ成功と失敗を繰り返す中で、奥野さんが気付いたのはストーリー性の重要さだ。品質が良いのはもちろん重要だが、お客様は製品にまつわるストーリーに魅かれる部分も多い。一例がウィリアム ハルステッドに発注したウール×モヘアのムーンクロスなる生地である。当時、ソラーロはサンクロスと呼ばれて人気を集めていた。が、サンクロスならどこにでもある。そこで考え出したのがムーンクロス。サンクロスが太陽の下で輝くのに対し、月明かりの下で光る生地がうたい文句だった。

カシミヤとキッドモヘアをミックスしたユニークな素材
カシミヤとキッドモヘアをミックスしたユニークな素材。

雑誌とのパイプで企画を実現

一方で、雑誌の企画にも積極的に協力を行なったのも、奥野さんだからこそ。雑誌の別注企画などに参加することで、モノづくりの背景も伝えていき、リングヂャケットを知ってもらえるように努力したという。当時、奥野さんがプレスと企画を兼任していたからこそ、雑誌ともうまく連携することができて一気に企画を実現することができたのだ。「仕事が分業化されていて、私が部分的にしか携わらなければ、企画倒れに終わっていたと思います」と奥野さん。

20歳代前半、スキー場で撮影。「高校から大学時代はスキーに没頭していて、ファッション関係の仕事に就くか? スキー関連の仕事に就くか? と迷っていた時期もありました」。

20歳代前半、スキー場で撮影。「高校から大学時代はスキーに没頭していて、ファッション関係の仕事に就くか? スキー関連の仕事に就くか? と迷っていた時期もありました」。

こちらも20歳代前半の奥野さん。「スノーボードの人気がすごく出てきていた時代です。周りはほとんどスノーボード派なのに、なぜかスキーにハマってスノーボーダー達と一緒になってジャンプ台やハーフパイプに入り、滑っていました」。

こちらも20歳代前半の奥野さん。「スノーボードの人気がすごく出てきていた時代です。周りはほとんどスノーボード派なのに、なぜかスキーにハマってスノーボーダー達と一緒になってジャンプ台やハーフパイプに入り、滑っていました」。

エドウィーンウッドハウスの復刻生地で仕立てたリングヂャケットのスーツ。復刻にあたり、奥野さんが1954年のリングヂャケット創業当時のアーカイブのなかから生地を選んだ。

エドウィーンウッドハウスの復刻生地で仕立てたリングヂャケットのスーツ。復刻にあたり、奥野さんが1954年のリングヂャケット創業当時のアーカイブのなかから生地を選んだ。

タブカラーのシャツとタイはリング ヂャケット ナポリ。ともにナポリで作られたものだ。

タブカラーのシャツとタイはリング ヂャケット ナポリ。ともにナポリで作られたものだ。

1960年代のウィットナーのビンテージウォッチ。「成人式用のスーツを買うために親からもらったお金が、これになりました。当時、松本零士さんの漫画の中に手巻きのクロノグラフが登場して『俺が死んだら時計も止まる』みたいなセリフがあったのに憧れていたのです」。

1960年代のウィットナーのビンテージウォッチ。「成人式用のスーツを買うために親からもらったお金が、これになりました。当時、松本零士さんの漫画の中に手巻きのクロノグラフが登場して『俺が死んだら時計も止まる』みたいなセリフがあったのに憧れていたのです」。

パンツはベルトレスのサイドアジャスター仕様と通好み。

パンツはベルトレスのサイドアジャスター仕様と通好み。

2018年春夏からスタートしたブランド、テツオ ムネのモンクストラップ。奥野さんがいま非常に注目しているビスポークシューズブランドだ。

2018年春夏からスタートしたブランド、テツオ ムネのモンクストラップ。奥野さんがいま非常に注目しているビスポークシューズブランドだ。

スーツの生地は、写真のエドウィーンウッドハウスのアーカイブの生地見本のなかから選んだものを復刻。

スーツの生地は、写真のエドウィーンウッドハウスのアーカイブの生地見本のなかから選んだものを復刻。

イラストを描いているのは、これまでにも数々の著名ブランドにイラストを提供してきた、英国在住のイラストレーター、ミスター スローボーイ。1万2000円(税抜き)。

イラストを描いているのは、これまでにも数々の著名ブランドにイラストを提供してきた、英国在住のイラストレーター、ミスター スローボーイ。1万2000円(税抜き)。

イラストはミスター スローボーイが、リングヂャケットのスタッフだったら……をテーマに描かれている。1万2000円(税抜き)。

イラストはミスター スローボーイが、リングヂャケットのスタッフだったら……をテーマに描かれている。1万2000円(税抜き)。

ポップでファッショナブルなイラストは必見。1万2000円(税抜き)。

ポップでファッショナブルなイラストは必見。1万2000円(税抜き)。

展開されるのは非売品1種類を含め、全5種類。1万2000円(税抜き)。

展開されるのは非売品1種類を含め、全5種類。1万2000円(税抜き)。

大阪の地図に名所のイラストを添えたものも準備中。こちらは今年10月、グランフロント大阪にリングヂャケットが新たにオープンするのを記念した非売品。ノベルティとして数量限定で用意される。 ※本品はオープニングのスナップイベント参加者にプレゼントされる。

大阪の地図に名所のイラストを添えたものも準備中。こちらは今年10月、グランフロント大阪にリングヂャケットが新たにオープンするのを記念した非売品。ノベルティとして数量限定で用意される。 ※本品はオープニングのスナップイベント参加者にプレゼントされる。

胸に挿すと、柄の見せ方によって、いろいろな表情が楽しめるのも魅力だ。

胸に挿すと、柄の見せ方によって、いろいろな表情が楽しめるのも魅力だ。

  1. 2
3
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop