日常使いできるミュージアムグッズです!【ポーター / 地中美術館】

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加


夏休を利用して、以前から行きたかった、香川県の直島を訪ねました。

ご存知の方も多いと思いますが、瀬戸内海に浮かぶ直島は、ベネッセコーポレーションが中心になり開発を進めた現代アートの島。

その中でも、僕が一番行きたかったのが、安藤忠雄設計の”地中美術館”です。

その名の通り、建築物でありながら地上に顔を出す外観部は一部で、ほとんどのスペースが地形を利用した地中内に存在するというユニークな美術館。

この美術館自体が、直島のアート作品に共通する”サイトスペシフィック”(その場所ありきのアート)だといえます。

その地中美術館のミュージアムショップ「地中ストア」で見つけたのが、このシザーバッグ。

美容師さんのための”ハサミを入れるバッグ”なのです。もちろん、僕の場合は、ハサミは入れませんが、携帯、財布などを入れ、ちょっとした休日の外出などにぴったりと、即購入。

スナップボタンが一つで留めるだけの簡素な作りですが、そのシンプルさ飾り気のなさこそが、この美術館のミュージアムグッズに相応しく思いました。

よくあるミュージアムグッズって、館名が書いてあるバッグやTシャツなど、デザインはいいのですが、メモリアル的なものが多く、買ったはいいが、しまったままというものも多いですよね。

その点、こちらは実用的。ミュージアムグッズということを意識することなく日常使いでき、それでいて、”そこでしか買えないモノ”的優越感もあったりして。

旅行の思い出とともに長く使える逸品です。



「地中美術館」というタグは内部に。小さなインナーポケットが2つ付いています。








“シザーバッグ”という名前の通りの使い方であれば、ベルトループをベルトに通せばいいのですが、着脱容易なショルダーストラップも付属するので、肩掛けで使っています。

キャンバス素材でラフな感じなので、”ポシェット”風のメルヘンチックにならないのもうれしいところ。

商品データ

前面には、デザインアクセントも兼ねたバイアスにきられたポケットが。

写真は部屋の白熱灯下で撮っているので、黄色っぽいですが、実際はベージュ系。白もあり、こちらを美術館スタッフの方たちが提げていました。
8000円(地中美術館

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Apr. VOL.320

4

[DIGITAL Edition]

  1. 1
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop