技術力勝負に原点回帰! アウディのフラッグシップセダン「A8」が8年ぶりモデルチェンジ

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加
アウディの全てを内包したフラッグシップモデル

技術力で勝負するアウディの「今」が詰まった4代目A8

アウディのフラッグシップセダン「A8」が8年ぶりに、4世代目へとモデルチェンジした。

A8は、1994年に初代モデルが登場。量産車初のオールアルミボディ「ASF(アウディスペースフレーム)」を採用し、その後もナイトビジョンシステムや、マトリクスLEDヘッドライトなど、「Vorsprung durch Technik(技術による先進)」をスローガンに掲げるアウディらしく先進装備の数々を搭載してきた。

そしてこの新型は、量産車として世界初の自動運転「レベル3」を実現したことで大きな話題を呼んだ。しかし、残念ながら国際的な技術認証や道路交通法の関係で、まだ日本市場ではその実力を試すことはできない。

アウディのフラッグシップセダン「A8」のボディ
全長5170×全幅1945×全高1470mmとなる新型A8。ボディはアルミ、スチール、マグネシウム、カーボンなどをアウディ得意の複合素材を用いて、軽量化にも抜かりはない。

とはいうものの、レベル3の自動運転を可能にした最新の安全技術はもちろん搭載している。その1つが、量産車初のレーザースキャナーの「LiDAR(ライダー)」だ。赤外線を照射して対象物までの距離や形状までを三次元で把握できるという。これに加えて5つのミリ波レーダー・5つのカメラセンサー・12基の超音波センサーの合計23個ものセンサーを搭載。これらから得た膨大な情報を統合的に分析して制御を行うセントラルドライバーアシスタンスコントローラーの採用によって、現在のレベル2であってもより人間の感覚に近い自然な挙動を実現する。所有するクルマにはアダプティブクルーズコントロールの機能がついているのだけれど、自分の感覚に合わないからと使用を控える人も多いと聞く。ぜひ試乗してこれを試してみてほしい。長距離移動での疲労の度合いが大幅に軽減されることは間違いない。

パワートレインは、340PSを発揮する 3リッターV6ターボ(Audi A8 55 TFSI quattro)と、460PS の4リッターV8ツインターボ(Audi A8 60 TFSI quattro)の2種類のガソリンエンジンにいずれも8速ティプトロニックとクワトロ(フルタイム4WD)を組み合わせる。またハイライトとしてアウディ初の48V電圧をいかしたマイルドハイブリッドシステムを搭載。減速時には22km/h以下でアイドルストップし、55〜160km/hの範囲でアクセルをオフにするとコースティングし燃料消費を抑制する。

アウディらしい水平基調のデザインがより強調されたインテリア。10.1インチと8.6インチのタッチスクリーンモニターを上下にセットしているのも大きな特徴。

アウディらしい水平基調のデザインがより強調されたインテリア。10.1インチと8.6インチのタッチスクリーンモニターを上下にセットしているのも大きな特徴。

フラッグシップらしくシートの快適性は格別。レッグスペースを十二分に確保した後席、乗り心地も含めて、その居心地の良さに不満が出ることはまずないだろう。

フラッグシップらしくシートの快適性は格別。レッグスペースを十二分に確保した後席、乗り心地も含めて、その居心地の良さに不満が出ることはまずないだろう。

こちらは後部座席。もちろん静粛性も非常に高い。

こちらは後部座席。もちろん静粛性も非常に高い。

センターコンソールの2つのモニター以外に、後席の収納式アームレスト内に車両をコントロールするパネルを装備。エアコン、ブラインド、シートなどの操作が行える。

センターコンソールの2つのモニター以外に、後席の収納式アームレスト内に車両をコントロールするパネルを装備。エアコン、ブラインド、シートなどの操作が行える。

トランク容量は505?(VDA方式)で、奥行きも十分。もちろんトランクスルーでさらに長い物の収納も可能。衝突安全性をしっかりと確保しつつ、こうした利便性の向上もしっかりと図られている。

トランク容量は505?(VDA方式)で、奥行きも十分。もちろんトランクスルーでさらに長い物の収納も可能。衝突安全性をしっかりと確保しつつ、こうした利便性の向上もしっかりと図られている。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

Spring VOL.333

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop