>> この記事の先頭に戻る

メリットが多い2WD

マツダCX-5 XD L Package(19インチ仕様)を例に挙げると、まず、車両重量は2WD/4WD(以下同)で1620/1680kgと2WDが60kg軽くなり、走りに軽快感を与えている。軽くなった分、燃費性能にも有利でWLTCモード燃費ではリッター17.4/16.6kmでリッター0.8kmの違いがある。価格においてはスタンダードクラス以上の乗用車ベースのSUVが採用しているオンディマンド式4WDシステム(普段はフロント駆動でフロントタイヤがグリップを失うと即時にリアへと駆動を配分する)が高価ゆえに、その価格は329万9400/352万6200円で、なんと22万6800円の差となっている。この価格差は、ほかのブランドのモデルでもほぼ同じと考えていい。

というように、メリットばかりが際立つ2WDだが、それだけに止まらない。最低地上高がある分、悪路走破性、とくにスノードライブにおいてはFF車+αと考えてもいい。つまり、わざわざ雪を求めて冬山へ出掛けるのでなければ、また、河原や林道といったラフロードに足を踏み入れる機会がほとんどないなら、そう街乗り主体なら2WDで十分なのだ。

人気のSUV 6モデルをチェック(写真6枚)

日本では4WDが圧倒的人気

ちなみにヘビーデューティモデルは、すべて4WDだと思われるかもしれないが、実はアメリカでは2WDモデルが存在している(最近は少なくなってきたが)。これは、オフロードやスノードライブする機会が少ないからという合理的な理由でクルマを選ぶお国柄ゆえのことで、少し前まではジープ・ラングラーにも2WDモデルが存在していたほどだ。

そうそう、実は国内のヘビーデューティモデルにも2WDがラインナップされていたことをご存知だろうか。トヨタ・ハイラックサーフの3〜4世代目に設定された2WD(FR)は、4WDモデルそのままのスタイルを採用したグレードのほか、タイヤ径を小さくしてスポーティなテイストを与えた「スポーツランナー」を展開。さらに、なんとジムニーにも、キュート(!)な面持ちを与えられた2WD(FR)の特別仕様車「J2」が存在していた。ともに販売は芳しくなく、日本においてヘビーデューティモデルに求められているのは、やはり4WDであることを実証する結果となってしまった。

個人的には、現行型ジムニーにはそのスタイルが気に入ってユーザーになる人向けに、2WDがあってもいいと思うのだが……。



文/吉田直志 編集/iconic

関連記事:
vol.01:SUVを買う前に知っておきたいコト「そもそもSUVって何だ?」
vol.02:新型ジムニーを買う前に知っておきたい”作業車”の進化と魅力

<b>マツダ CX-5|MAZDA CX-5</b><br />マツダが販売するミドルサイズのクロスオーバーSUV。車両価格は249万4800円?。2リッターと2.5リッターのガソリンモデル、2.2リッターのディーゼルモデルに2WD(FF)を設定する。4WDシステムは、走行しながら得た情報を使って路面状況を予測して駆動力を前後に配分するi-ACTIV AWDを採用する。

マツダ CX-5|MAZDA CX-5
マツダが販売するミドルサイズのクロスオーバーSUV。車両価格は249万4800円?。2リッターと2.5リッターのガソリンモデル、2.2リッターのディーゼルモデルに2WD(FF)を設定する。4WDシステムは、走行しながら得た情報を使って路面状況を予測して駆動力を前後に配分するi-ACTIV AWDを採用する。

<b>トヨタ C-HR|TOYOTA C-HR</b><br />2018年上半期で一番売れたSUV。車両価格は229万円?。ハイブリッドモデルはすべて2WDのみの設定で、それ以外のグレードには2WDと4WDを設定している。4WDシステムは通常走行時はFF状態で、車両の走行状況に応じて後輪に駆動を配分するダイナミックトルクコントロール4WDを採用する。

トヨタ C-HR|TOYOTA C-HR
2018年上半期で一番売れたSUV。車両価格は229万円?。ハイブリッドモデルはすべて2WDのみの設定で、それ以外のグレードには2WDと4WDを設定している。4WDシステムは通常走行時はFF状態で、車両の走行状況に応じて後輪に駆動を配分するダイナミックトルクコントロール4WDを採用する。

<b>ホンダ CR-V|HONDA CR-V</b><br />今年8月に新型が登場したミドルサイズSUV。車両価格は323万280円?。ハイブリッドモデル/ガソリンモデル問わず、すべてのグレードに2WDと4WDを設定。電子制御によって前後輪のトルク配分をコントロールするリアルタイムAWDを採用。

ホンダ CR-V|HONDA CR-V
今年8月に新型が登場したミドルサイズSUV。車両価格は323万280円?。ハイブリッドモデル/ガソリンモデル問わず、すべてのグレードに2WDと4WDを設定。電子制御によって前後輪のトルク配分をコントロールするリアルタイムAWDを採用。

<b>レクサス NX|LEXUS NS</b><br />プレミアムSUVの元祖、レクサスが販売するミドルサイズSUV。車両価格は467万1000円?。ガソリンモデルとハイブリッドモデルすべてのグレードに2WDと4WDを用意。4WDシステムは前後の駆動配分を前100:後0?前50:後50まで自動的にコントロールするダイナミックコントロールAWDを採用。通常時はFF状態で燃費向上に貢献する。

レクサス NX|LEXUS NS
プレミアムSUVの元祖、レクサスが販売するミドルサイズSUV。車両価格は467万1000円?。ガソリンモデルとハイブリッドモデルすべてのグレードに2WDと4WDを用意。4WDシステムは前後の駆動配分を前100:後0?前50:後50まで自動的にコントロールするダイナミックコントロールAWDを採用。通常時はFF状態で燃費向上に貢献する。

<b>三菱アウトランダー|MITSUBISHI OUTLANDER</b><br />4WDを得意とする三菱自動車の主力SUV。車両価格は266万8680円?。全グレードに2WDと4WDを設定し、4WDは電子制御式。普段は2WDで走行して路面状況に応じて駆動配分を前後に分配する燃費重視の設定のほか、4WD状態を主軸にして走行状況に応じて前後の駆動力をわけるオート設定、さらに4WD状態をロックする設定に切り替え可能。一部グレードにはオプションで4WDの駆動配分とともにASCやABSを統合制御するS-AWCが装備できる。

三菱アウトランダー|MITSUBISHI OUTLANDER
4WDを得意とする三菱自動車の主力SUV。車両価格は266万8680円?。全グレードに2WDと4WDを設定し、4WDは電子制御式。普段は2WDで走行して路面状況に応じて駆動配分を前後に分配する燃費重視の設定のほか、4WD状態を主軸にして走行状況に応じて前後の駆動力をわけるオート設定、さらに4WD状態をロックする設定に切り替え可能。一部グレードにはオプションで4WDの駆動配分とともにASCやABSを統合制御するS-AWCが装備できる。

<b>日産エクストレイル|NISSAN X-TRAIL</b><br />同一車線自動運転技術「プロパイロット」を採用するエクストレイル。車両価格は219万7800円?。アウトドアのイメージが強いエクストレイルも2WDと4WDを設定。4WDシステムは電子制御式で、走行状況に応じて前後トルク配分が前100:後0?前50:後50に切り替える。また、4WDロックモードや2WDモードなども備える。

日産エクストレイル|NISSAN X-TRAIL
同一車線自動運転技術「プロパイロット」を採用するエクストレイル。車両価格は219万7800円?。アウトドアのイメージが強いエクストレイルも2WDと4WDを設定。4WDシステムは電子制御式で、走行状況に応じて前後トルク配分が前100:後0?前50:後50に切り替える。また、4WDロックモードや2WDモードなども備える。

  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop