“ヨンク”にこだわる三菱が作ったオールマイティSUV「エクリスプスクロス」に試乗!

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加
エクリプスクロス

ヨンクの老舗、三菱のこだわり

SUVと言ってしまうと、昨今の乗用車ベースのモデルをイメージするかもしれないが、かつてのヨンクまでをSUVに含めると、SUVに精通しているブランドのモデルには、ヒストリーや頑なともいえるこだわりを見つけることができる。

そんなブランドのひとつに三菱自動車がある。1950年代、ジープのノックダウン生産をはじめた三菱自動車は、やがてオリジナルモデルであるパジェロを開発し、SUVとはなんぞや、を確立。そのパジェロは、80?90年代のRVブームではSUVカテゴリー(当時はヨンクカテゴリー)に止まらず、大ヒットとなったことはご存知のとおり。

ただ、今となっては皆忘れているかもしれないが、パジェロはスタイルだけのSUVではなく本格的オフロード走破性を持っており、そのタフさが重量増を招き、また、快適性をスポイルしていたなど、スノードライブやフィールドまでの足としては、オーバークオリティな面も持ち合わせていた。

その後、三菱は、新世代SUVとして、乗用車にも使われるプラットフォームをベースにしたライトデューティラインを提案する。その第1弾が05年にデビューしたアウトランダーだ。このプラットフォームは、やがてデリカD:5やRVRといったバリエーションを生んだだけではなく、グローバルではジープ・コンパス&パトリオット(いずれも初代)、さらにプジョー・4007とシトロエン・Cクロッサー(いずれもアウトランダーベースモデル)にも展開されている。

エクリプスクロス
スタイリッシュなクーペフォルムとSUVの機動力を融合させたという三菱の新世代SUV「エクリスプスクロス」。精悍さを感じさせるフロントまわりの造形やウェッジシェイプのベルトラインが外観上の特徴。

何も犠牲にしない三菱の新世代SUV

さて、前置きは長くなったが、今年の春、このラインに三菱からさらなる新しい提案が行われた。それがここで紹介する「エクリプスクロス」だ。何が新しいかといえば、三菱がこだわってきたSUV性能をスポイルすることなく、スタイリッシュなデザインをバランスさせたことにある。

エクリプスクロスのディテール(写真4枚)

ボディサイズは全長4405mm、全幅1805mm、全高1685mm。アウトランダーよりもひと回りコンパクト。

ボディサイズは全長4405mm、全幅1805mm、全高1685mm。アウトランダーよりもひと回りコンパクト。

ワイドなチューブ式LEDテールランプが、リヤウインドウを上下で2分割する個性的なリアビューを採用する。

ワイドなチューブ式LEDテールランプが、リヤウインドウを上下で2分割する個性的なリアビューを採用する。

ホイールベースは2670mm。ルーフラインをリアエンドに向かって下降させてスタイリッシュさを強調する。

ホイールベースは2670mm。ルーフラインをリアエンドに向かって下降させてスタイリッシュさを強調する。

水平基調のインパネは、スポーティな雰囲気を漂わす。シルバー加飾を効果的に使って立体的なデザインとしている。

水平基調のインパネは、スポーティな雰囲気を漂わす。シルバー加飾を効果的に使って立体的なデザインとしている。

ボリューム感のあるシートは快適。ほどよいホールド感が長時間のドライブを疲労を軽減する。

ボリューム感のあるシートは快適。ほどよいホールド感が長時間のドライブを疲労を軽減する。

ルーフラインが後方に向かって下がっているが、後席の頭上スペースは十分に確保している。足元スペースにも余裕があって快適。

ルーフラインが後方に向かって下がっているが、後席の頭上スペースは十分に確保している。足元スペースにも余裕があって快適。

後席は6:4分割可倒式を採用。ラゲッジ容量は通常モードで448リッターとなる。

後席は6:4分割可倒式を採用。ラゲッジ容量は通常モードで448リッターとなる。

オールマイティなSUV、三菱「エクリスプスクロス」。

オールマイティなSUV、三菱「エクリスプスクロス」。

オールマイティなSUV、三菱「エクリスプスクロス」。

オールマイティなSUV、三菱「エクリスプスクロス」。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Jun. VOL.322

6

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop