「ロッツァ サルトリアーレ」が国内初展開。今やメガネも自分好みにオーダーする時代

Facebook
Twitter

日本橋三越本店にイタリア発のオーダーメガネが登場

イタリア発のロッツァ サルトリアーレ

お洒落な着こなしの要はジャストフィットのサイズ感にあり。身に付けるもののサイズ感は、スッキリした見栄えだけでなく着心地にも関わるので、大人の男性にとっては基本のきではないだろうか。

「いやいや、僕のスーツやシャツのサイズ感は完璧!」なんて方でも意外と見過ごしているのがメガネだ。

身体と同じく顔の形やサイズ、鼻の高さは人それぞれ。メガネでジャストフィットのサイズ感と自分に似合うデザインを両立させるのは、実は至難の業なのである。

「確かに! でも一体、どこへ行けば最高のメガネが見つかるの?」という貴兄におすすめしたいのが、日本橋三越本店で展開されているイタリア発の「ロッツァ サルトリアーレ」。

ロッツァはイタリア最古のアイウェアブランド
ロッツァ サルトリアーレを手掛けるロッツァは1878年、イタリア・ベネト州でイタリア初のアイウェア製造会社として創業。1900年代初頭には、世界三大喜劇王の一人であるバスター・キートンが劇中でロッツァを着用。また、第二次大戦後に発表したモデル、ジロスポーツはなんと100万本以上のセールスを記録。そんな数々の逸話からも、ブランドの実力、歴史の重みがご理解いただけるだろう。


「ロッツァ サルトリアーレ」は、フレームのサイズやフォルム、材質、カラーをお好みで組み合わせることができるメガネのパターンオーダーシステムなのだ。

選べるのは17のデザイン、3種類のテンプル、40のカラーで、価格は7万4304円~(税込)。組み合わせのバリエーションが膨大ゆえ、きっと誰もが特別なメガネを手にすることができるに違いない。

イタリアのアイウェアブランド「ロッツァ」によるこのシステムは、じつは本国と欧州では2010年から限られた高級メガネ店のみで展開されており、現地の洒落者たちの間では人気となっていた。

もちろん、店頭で熟練したスタッフと相談しながら進められるので、初めての方もご安心あれ。各パーツを選び、視力を測定すれば、あとは約一か月で理想の一本が完成する。イタリア製というのも嬉しい限りだ。

これまで、メガネのサイズに違和感があったり、好みの色やデザインに出会えなくて妥協していたり・・・。そんな方はぜひ、「ロッツァ サルトリアーレ」を活用してみてはいかがだろう。

イベント開催概要

日本橋三越本店ではイタリアウイークが開催され、その一環として「イタリアブランドアイウエアコレクション」を展開。イタリア好き、アイウエア好きなら、この機会をお見逃しなく。

イタリアブランドアイウエアコレクション

2018年4月11日(水)~24日(火)
日本橋三越本店 本館7階 メガネサロン
TEL:03-3274-8488(直通)

三越イタリアウイーク

2018年4月11日(水)~19日(木)
日本橋三越本店 本館・新館 各階

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Aug. VOL.292月号

2018

Aug. VOL.292

8

Facebook Messengerで新着記事配信
Smartnewsでチャンネル登録
 
はたらく女性の新ライフスタイル誌『OWN』公式サイトはこちら
今月の読者プレゼント
サステナ
  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop