「紺×白」でも見映えするスーツの胸元は「こんな柄使い」!

Facebook
Twitter

律するべきは律する。"でも実は..."なスーツの嗜み

0.5柄使い
スーツ、シャツ、タイは次ページで紹介。チーフ4000円/フェアファクス(フェアファクスコレクティブ) 靴9万2000円/フラテッリジャコメッティ(ウィリー)鞄4万4000円/フルラ(フルラ ジャパン) メガネ2万7000円/メガネ&ミー(コンティニュエ)

誠実さを備えつつしたたかに奥行きアップ

今日の商談では絶対失点が許されない...そんなときは基本に立ち返り、紺スーツに白シャツ、そして紺タイでシンプルにまとめてみよう。紺×白の合わせは端正であるとともにその人を誠実な印象に導く。また鉄板の合わせという安心感が、シビアな場面を乗り切る自信にも繋がる。

とはいえ、すべて無地だとときに堅すぎるし、フレッシャーズっぽく見えることも。そこで推奨するのが0.5柄使い。そう、一見無地ながら、実は同系色柄を配したアイテムを選ぶのだ。これにより装い全体にぐっと奥行きが出て、成熟した男をアピールできる。なおモデル写真はスーツ、シャツ、タイをすべて0.5柄としたが、2点あるいは1点のみでも効果はある。ビジネスの王道配色=紺×白を改めて極めるという意味でも、覚えておきたい捻り技だ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

    1234
  1. 1
  2. 1234
  3. 2
  4. 1234
  5. 3
  6. 1234
  7. 4
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop