ミリタリージャケットを大人に着こなす簡単な方法とは?

Facebook
Twitter

ミリタリージャケットの休日スタイルは黒ニットタイでお洒落になる!

意外な出会いだからこそ、新鮮に映える
M-65タイプのブルゾンに、デニム素材のシャツ。ローゲージのカーディガンにコーデュロイパンツと、ラギッドな趣のスタイルに、あえての黒ニットタイを投入。これだけでスタイルの鮮度はグッと増し、格も上がる。素材感の調和を考えれば、タイはウールのそれがベターだ。

ミリタリージャケット×ニットタイ
ブルゾン8万9000円/アスペジ、パンツ2万6000円/ジェルマーノ(以上ビームス 六本木ヒルズ)、カーディガン6万2000円/ラルディーニ(ストラスブルゴ)、シャツ2万3000円/ギ ローバー(バインド ピーアール)、靴10万5000円/フラテッリ ジャコメッティ(ウィリー)、サングラス3万4000円/モスコット(モスコット トウキョウ)
fashion_20190113_military_2.jpg

Tie
PETRONIUS
ペトロニウス

1926年、ミラノで創業した老舗による、ウール100%のニットタイ。大剣幅6.5㎝とやや幅広で、そのタッチはふんわりとしてソフト。くつろいだムードに溢れる一本だ。1万1000円(ビームス 六本木ヒルズ)



※表示価格は税抜き
[MEN'S EX 2019年1月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)


関連記事:「え、これA-1フライトジャケット型ですよね?」ムーレーが作ると定番ミリタリーアウターがこんな都会的に!

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.304月号

2019

VOL.304

9

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop