2019年に挑戦したい!グレースーツと黒ニットタイの着こなし

Facebook
Twitter

GRAY SUIT
グレースーツ

コンパクトな襟とノットが、粋にこなすカギ
クラシカルなグレンチェック地のスーツに、白シャツ、ギャバジンのトレンチという、昔ながらの男性的な装いには、やはり、黒ニットタイが映える。スタイリッシュにこなすポイントは、小襟のシャツを選び、ノットを小さく結ぶこと。タブカラーのそれなら、とりわけシャープな印象になる。

fashion_20190105_glaysuit_1.jpg
コート15万5000円/グレンフェル、シャツ2万2000円/ギ ローバー、鞄4万3000円/トフ&ロードストーン(以上ビームス 六本木ヒルズ)、スーツ29万円/ルカ グラッシア(エストネーション)、靴5万7000円/バーニーズ ニューヨーク(バーニーズ ニューヨーク)
fashion_20190105_glaysuit_2.jpg

Tie
ROBERT FRASER
ロバート フレイザー

オーセンティックなシルク100%、大剣幅6㎝の黒ニットタイ。ギュッとした触感の立体的な編み立ても、これぞシルクニットタイというもの。あらゆる装いに安心して合わせられる。イタリア製。1万円(アイネックス)



※表示価格は税抜き
[MEN'S EX 2019年1月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)


関連記事:「ニットタイなら黒がいい」愛用歴50年のウェルドレッサーに聞く、陰影の魅力とは?

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年Mar. VOL.299月号

2019

Mar. VOL.299

3

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop