お手頃価格の定番パンツ品評会! 取り回しの効く"後"三家は?

Facebook
Twitter

自分なりの御三家を確立したら、そこに買い足す"後"三家は、ちょっと選びの視点を変えてみたい。お値打ちで機能性秀逸、エース級の活躍を期待できる定番秀作を集めてみました。

「お手頃定番」発掘隊 「お手頃定番」発掘隊

(左から)
ファッション・カルチャー担当 末延精一朗
今年もコロニー クロージングなどコアな面々を購入。後はもうちょっとお財布に優しいパンツがあれば......。

本誌モデル Naoki氏
Mr.美脚な本誌モデル。‟御三家"はもちろんだが、ザ・ノース・フェイスの人気定番モデルがかなり刺さった模様。

スタイリスト 武内雅英氏
本誌のドレスコーデ番長だが、兄弟誌Beginのスタイリングも長年手掛けており、実は休日カジュアルも詳しい。

末延 ここまで第一線で活躍できる休日パンツを色々厳選してきたわけですけど、オフの日に気軽に穿くとしたら、もう少しこなれたものも欲しいですよね。使い勝手はもちろん、値段も。

武内 ワードローブのパンツ、全部が3万円オーバーじゃ正直キビシイもんね。でも大丈夫、最近はお値打ちの定番パンツの中にも、いいモノが沢山出ているから、"後"三家選びも困りませんよ。たとえばず、セレクトショップのオリジナル。

Naoki すごいねこのビームス、9万本以上も売れてるの。

武内 長年売れ続けている定番パンツっていくつかありますけど、これは代表選手ですね。

末延 隣のユナイテッドアローズもそうですが、綺麗でバランスがとれてますよね。装いも選ばないし、気軽に穿くには十分。

Naoki いろいろ穿かせてもらったけど、全体的にストレッチする素材が多い印象。やっぱり休日はラクでいたいもんね。僕のお気に入りはザ・ノース・フェイス。ヒザも曲げやすいし、座ってもラクだし、実に快適!

武内 マウンテン由来の、ギア系ブランドのパンツは素材開発がすごいですからね。このグラミチもかなり細身だけど、穿いたときの快適さは流石。ただ、この手のパンツは合わせるトップスがラフだと、見た目がやや学生っぽくなるので、ジャケットやニットを合わせて、落ち着いた感じに寄せるのがベターなのかなと......。スエノブ君、さっきからデニム生地いっぱい抱えて、何か言いたそうだね。

末延 はい。カジュアル系のお値打ちブランドも優秀ですけど、御三家系を買い足す予算があるなら、それを「オーダー」に振り分けるのも、賢い手段かと!

武内 ハイハイ、そうね(苦笑)。でも実際このアール&ブルースは、上質なデニム生地で、既製パンツ一本分の予算でオーダーできるからね。既製で好みのディテールやサイズを探すのは大変だけど、オーダーなら好きにできる。麻布テーラーの限定店舗での取り扱いで、常連さんの「裏メニュー」として評判だよ。

Naoki 末延君、伸びる系のいい裏メニューはないの?

末延 そうですね......。実は、肌着のSEEKがここ数年ボトムスを出しているんですけど、かなり優秀ですよ。肌着というデリケートな製品の老舗だけあって、主役級のパンツも秀逸。細身ですけど、ストレッチ性豊かでドローコードもついていて、穿いてみると本当に快適です。

武内 これで7800円か。確かに穿いた姿も自然な美脚ラインになっているし、よくできてるな......。ニッポンメーカーの開発力、恐るべしだね。

末延 別の記事で"御三家"としてご紹介した専業各社のパンツは生地も作りも、値段相応のクオリティがありますし、穿いていて気分がぐっと上がります。立役者たる"御三家"系と、取り回しやすい"後"三家系、両者を組み合わせて、上手に使い分けできるのが理想ですよね。

武内 そうね。じゃあまず一本、お買い上げしてもらおうかな。

末延 は、ハイ、週末に......。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop