「日本トップリーグ連携機構」会長 川淵三郎さんに聞いた!リーダーに求められる資質とは?【加藤綾子/一流思考のヒント】

Facebook
Twitter

多くの個を束ね、組織を成功に導いている一流のトップには、どんな思考があるか?会社のマネジメントにも役立つ"ヒント"を加藤綾子さんがそっと探り、お届けする。

第12回「日本トップリーグ連携機構」会長 川淵三郎さん[前編]

加藤 綾子さん、川淵三郎さん
加藤さん衣装:ブラウス3万6000円/コバート、スカート2万2000円/エストネーション、靴3万3000円/チェンバー(以上エストネーション) ピアス1万5000円/アデル ビジュー(アデル ビジュー)

※最後に加藤綾子さんのスペシャルフォトギャラリー付き!

Profile
加藤綾子 Ayako Kato
1985年生まれ。2008年フジテレビ入社、看板アナウンサーとして活躍。'16年よりフリーアナウンサーとなり、さらに活躍の場を広げている。現在は『ホンマでっか!? TV』(CX)、『世界へ発信! SNS英語術』(NHK)、『MUSICFAIR』(CX)にレギュラー出演中。

川淵三郎 Saburo Kawabuchi
1936年生まれ。大阪府出身。早稲田大学、古河電工サッカー部でプレー。'70年に現役引退。サッカー日本代表監督などを経て、Jリーグ初代チェアマンに就任。現在は日本サッカー協会相談役、日本バスケットボール協会エグゼクティブアドバイザー、日本トップリーグ連携機構会長など、多数の肩書を持つ。

ビジョンがあって努力するのとしないのとでは、モチベーションも変わってくるはず。漫然と生きるのとは絶対に違いますよ
(川淵さん)

どんな逆境にあってもじたばたするべからず

加藤東京2020オリンピック・パラリンピックの開催まで2年を切りました。川淵さんは、1964年の第18回大会に出場して、強豪アルゼンチンを相手に1ゴール1アシストの大活躍。チームの逆転勝利と、ベスト8進出に貢献されましたね。

川淵昨日のことのように覚えています。特に印象に残っているのは開会式。実はその2時間も前から日本選手団は集合させられて、そこで初めて行進の練習をしたんだけど、あれには頭に来たなあ。足並みが揃ってなくてもいいじゃないか!とね(笑)。すっかり待ちくたびれてしまって、いよいよ入場門から競技場の中に入ると、ウワーッ!というどよめきと歓声に包まれた。僕の一生の中で、あの瞬間ほど胸が熱くなったことはありません。

加藤現役を引退された後は、サッカー日本代表監督などを経て、Jリーグ初代チェアマン、日本サッカー協会会長などの要職を歴任し、組織を束ねてこられました。ずばり、リーダーに求められる資質とはどのようなものだとお考えでしょう?

川淵まずは明確なビジョンを提示し、達成のための道筋をつけてやること。例えば「100億の売り上げを500億にするぞ!」とはっぱをかけるだけじゃ、「勝手なこと言っとるわ」と部下にそっぽを向かれて終わっちゃう。付いてきてもらうためには、彼らが納得できるような説明をしないと。

加藤なるほど。そういえば川淵さんの最新刊『黙ってられるか』では、好きな言葉として「ビジョン&ワークハード」を挙げていらっしゃいましたね。

川淵うん。もともとはノーベル生理学・医学賞をおとりになった山中伸弥さんが、留学先で働いていた研究所の所長から言われた言葉で、「君がよく働いていることは知っているが、では何のために研究しているのか、ビジョンは何なのか」と問われたそうです。これには共感しました。ビジョンがあって努力するのとしないのとでは、モチベーションも変わってくるはず。漫然と生きるのとは絶対に違いますよ。

加藤そうか。川淵さんはいつもビジョンを持っているから、ご自身の発言で炎上しても笑って流せるんですね(笑)。

川淵ハッハッハ。確かに僕はまったく気にしない。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年Dec. VOL.297月号

2019

Dec. VOL.297

1

    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop