スーツ&ジャケット 誠実を極めるか、流行まで楽しむか

スーツ&ジャケット

着なくてもいい時代に意思を持って纏うということ

せっかく買ってきたスーツも着なくなったなぁ、なんて声が聞こえてきそうなご時世ですが。

いや、着たらいいんです。世の中がカジュアル化しても、相手に最大の誠意を見せるべき勝負の日はあるし、いつも以上にかっこよく決めたいときもあるはず。

そんなときスーツやジャケットは、やっぱり一番、男を男らしく見せてくれて、目的を叶えてくれるアイテムなのだ。

今、スーツは仕事のためだけじゃなく、遊ぶためのものもある。かっちりするだけじゃない、リラックスするためのジャケットも。

何を選ぶべきか。貴方が意思を持って選んだものこそが正解となる。

スーツ&ジャケット

ジャケットを手放さないという意思が紳士の教養を表す

新しい生活様式で最も大きく変化したことといえば、仕事とプライベートのシームレス化だろう。それに伴って、服装も各シーンに対してシームレスに対応できるものがビジネスマンにとってのスタンダードになってくる。ではその具体策とは何か。本誌はそれを「カジュアル+ジャケット」であると考える。

  1. 1
  2. 2
・・・
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Autumn VOL.327

LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop