ホンダ伝統のサルーン「アコード」が11代目モデルへと進化

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加
アコード11代目

ホンダらしさをアピールする「走り」と「最新装備」で勝負

ホンダの主力モデルとして1976年にデビューしたアコード。11代目となる最新型がついにお披露目となった。

初代から継承する「人と時代に調和したクルマ」というコンセプトのもと、フルLEDのヘッドライト、新制御のエアコンシステム、ホンダコネクトディスプレイ、「ホンダセンシング360」などの安全装備など、同社の持つ最新デバイスが多数採用されている。

動力には2Lエンジンと高出力モーターを組み合わせる2モーター式ハイブリッド「e:HEV」を採用し、ホンダらしい走る楽しさと、23.8km/Lという燃費性能(WLTCモード)も兼ね備えている。

価格は544万9400円〜。

2024

VOL.341

Spring

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop