複雑機構の傑作ムーブメント「A.ランゲ&ゾーネのL121.1」

bool(false)

2022年に刊行された『世界一わかりやすい 腕時計のしくみ』の第2弾として、「複雑時計編」が発売となった。本書ではここ数年ブームが続いている複雑時計に絞って、その魅力的な機能や難解に動く「しくみ」を、とにかくわかりやすく解説。奥が深いさまざまな複雑機構のしくみをご紹介しよう。

複雑機構の傑作ムーブメント【L121.1】

新たに発明し、あるいは既存の機構を高性能に進化させる。複雑機構は、それを製作する時計ブランドの腕の見せ所だ。同じ機構を、いかにして独創的にして他社と差別化するか? 光るオリジナリティを、探る。

 

L121.1

L121.1

伝統的な様式美に潜む、独創的メカニズム
全体を大きく覆う4分の3プレートと受石を取り付けたリングをビスで固定するゴールドシャトン、テンプ受けのエングレービングは、創業時代のザクセン様式の継承である。パワーリザーブ計が0を示すとスモールセコンドも0位置で停止するなど機構も独創的だ。

 

アウトサイズデイト
A.ランゲ&ゾーネ[グランド・ランゲ1]

A.ランゲ&ゾーネ[グランド・ランゲ1]

黄金比に基づくオフセットダイヤル
アウトサイズデイトの窓の形状や各表示の配置は黄金比に基づき、数学的に正しい美を創出。各針や植字インデックスは、完璧な手仕上げで鏡面状に輝く。手巻き。径38.5mm。18KPGケース。アリゲーターストラップ。

 

再興を象徴する大型日付表示

東西冷戦により休眠を余儀なくされたドイツの名門が、ベルリンの壁崩壊に伴い復活。「ランゲ1」は、新生A.ランゲ&ゾーネのファーストモデルの1つである。1994年の発表時に特許を取得したアウトサイズデイトは、創業者とその師であるザクセン公国宮廷時計師が、ドレスデンに今も残るゼンパー歌劇場のために共同製作した5分デジタル時計をモチーフとする。

一目でランゲ1だと分かる特徴的なオフセットダイヤルは、時分針とその右側に配したアウトサイズデイト、パワーリザーブ計、スモールセコンドのすべてが重なることなく、優れた視認性が叶うランゲ流の機能美。現行モデルは2015年の登場で、デザインをほぼ変えることなく、ムーブメントだけをより高性能に一新した。

 

もっと知りたい方はこちら!

世界一わかりやすい 腕時計のしくみ【複雑時計編】

『世界一わかりやすい 腕時計のしくみ【複雑時計編】』
定価:2,420円(税込)
発⾏・発売:株式会社世界⽂化社
購入は こちら

※表示価格は本書発売時(2023年12月17日現在)の税込み価格です

2024

VOL.342

Summer

  1. 1
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • X
  • Instagram
  • YouTube
  • Facebook
  • X
  • Instagram
  • YouTube
pagetop