今買うべき、パイロット&ミリタリーウォッチ4選

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

2023年の新作
パイロット&ミリタリー・ウォッチ

今買うべき、パイロット&ミリタリーウォッチ4選

このところの時計トレンドのひとつが、原点回帰。かつてパイロットやミリタリー・ウォッチとして活躍した傑作モデルの数々が、今再び復刻されている。ミリタリーウォッチならでの実用性の高さも魅力だ。


BREGUET(ブレゲ)
タイプ 20 2057 ミリタリーバージョン

ブレゲ タイプ 20 2057 ミリタリーバージョン

生産終了となり復活を望む声が多かったブレゲのパイロット・クロノ「タイプXX」から待望の後継機が登場。モデル名の「タイプ 20」は、フランス航空技術局が、初代モデル開発時に与えていたコードネームに由来する。新型のキャリバー7281搭載。自動巻き。ケース径42mm。SSケース。NATOとアリゲーターの2種のストラップが付く。258万5000円(ブレゲ ブティック銀座)


PANERAI(パネライ)
ラジオミール オットジョルニ

パネライ ラジオミール オットジョルニ

ケース全体にPVD加工を施し、職人の手作業による研磨で使い込んだようなエイジング加工に。グラデーションカラーの文字盤がヴィンテージの味わいを醸し出している。オットジョルニとはイタリア語で8日間のことで、8日間のロングパワーリザーブを誇る。手巻き。ケース径45mm。スチールケース。カーフストラップ。129万3600円(オフィチーネ パネライ)


LONGINES(ロンジン)
ロンジン スピリットフライバック

ロンジン ロンジン スピリットフライバック

1925年、ロンジンによって開発され1936年に初めて特許を取得した「フライバック機構」が新作でカムバック。往年のパイロット・クロノグラフを規範とする一方、回転ベゼルをセラミックにするなど、古典とモダンが共存する。シリコン製ひげゼンマイ搭載でCOSC認定の高精度。自動巻き。ケース径42mm。SSケース&ブレスレット。71万600円(ロンジン)


ORIS(オリス)
プロパイロット アルティメーター

オリス プロパイロット アルティメーター

2014年にオリスが世界で初めて実現した「機械式高度計」と「自動巻き機構」の融合モデルに新モデルが加わった。ケースの素材はカーボンファイバー。これまでの成形技術とは異なり、3Dプリント技術を駆使することで超精密加工が可能に。自動巻き。ケース径47mm。カーボンファイバーケース。テキスタイルストラップ。99万円(オリスジャパン)


関連記事はこちら:3Weeks着回しBook



[MEN’S EX Winter 2024の記事を再構成]
※表示価格は税込み。

2024

VOL.341

Spring

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop