デザイン&ディテールで魅せる。オーデマ ピゲの新作ならONもOFFも自由自在

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

PR by AUDEMARS PIGUET

デザイン&ディテールで魅せる
オーデマ ピゲの新作ならONもOFFも自由自在

オーデマピゲTU

装いを格上げする時計の作り手といえば、真っ先にその名があがる名門オーデマ ピゲ。「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」と、「ロイヤル オーク オフショア」の新作を例に、オンとオフの両面において、この時計がいかにスタイルアップに効くか紹介してみよう。

ブランドのアイコンが日常に一層寄り添うモデルとして進化

「CODE11・59バイ オーデマ ピゲ」の勢いが止まらない。何もかもが既存の枠組みに収まらない美しいデザインを武器に、2019年の発売以来快進撃を続け、今や「ロイヤル オーク」と並ぶオーデマ ピゲのアイコンウォッチとして君臨している。

従来はホワイトゴールドまたはピンクゴールドケース、もしくはそのミドルケースをブラックセラミックとしたもののみの展開だったが、今年は待望のステンレススティールモデルが複数登場。文字盤が一新されたほか、ベゼルをより薄く仕上げるなどディテールも細やかにアレンジされ、ぐっと若々しくモダンな印象を獲得した。

写真からもわかる通り、オンオフを選ばない特性もますます高まっている。いわば、日常のあらゆるシーンに一層寄り添うエレガンスウォッチへと進化したと言えるだろう。気になるモデルがあれば早めに手を打つのが賢明だ。

CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ
オートマティック

CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ オートマティック

ブランドの新アイコンに、今年SS 素材のコレクションが加わった。こちらはベージュダイヤルの3針モデル。3気圧防水。約70時間パワーリザーブの自社製自動巻きムーブメント(Cal.4302)搭載。径41mm。SS+ブラックセラミックケース。テキスタイル調ラバー加工レザーストラッブ。368万5000円

【ON style】
CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ×スーツ

CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ×スーツ
スーツ15万2900円/タリアトーレ、ニット3万9600円/ジョン スメドレー(以上シップス 銀座店) 鞄10万8900円/フェリージ(ビームス ハウス 丸の内)

グレー系のスーツにこそ映えるベージュの柔らかなニュアンス

スモーキーなベージュ文字盤のエレガントさを生かすなら、スーツはネイビーよりグレー系がいい。この時計はインナーベゼルやリューズ、セラミックのミドルケースがブラックのため、とくにグレーとは好相性だ。ここではインのタートルを流行りのグリーンに。ベージュとグリーンも相性がいいが、このように少しくすんだ色調を選ぶとよりシックにまとまる。

【OFF style】
CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ×カジュアル

CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ×カジュアル
ブルゾン27万2800円/キーレッド、ニット3万4100円/フィリッポ デ ローレンティス(以上ビームス ハウス丸の内) パンツ5万6100円/ピーティー トリノ(シップス 銀座店)

スモーキーなベージュ文字盤とトーンを揃えた大人のブルゾンスタイル

着用するのはステンレススティール(SS)ケースにスモーキーなベージュ文字盤をセットした3針モデル。文字盤には波モチーフの同心円模様がスタンプ加工され、とても奥行き豊かな仕上がりだ。ここでは時計のカラートーンに合わせて、ベージュのカシミア製ブルゾンとオフ白のタートルを合わせ、パンツをライトグレーに。時計のラグジュアリーさが際立つコーディネートだ。

CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ
クロノグラフ

CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ クロノグラフ

SS ケースのCODE 11.59 バイ オーデマピゲには当然クロノグラフも用意されている。こちらはそのうちのブルー文字盤。スポーティさとシックさを兼備した絶妙な色味だ。3気圧防水。約70時間パワーリザーブの自社製自動巻きムーブメント(Cal.4401) 搭載。径41mm。SS ケース。テキスタイル調ラバー加工レザーストラップ。467万5000円

【ON style】
CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ×ジャケット

CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ×ジャケット
ジャケット18万7000円/ブリッラ ペル イル グスト、ニット2万7500円/グランサッソ(以上ビームス ハウス 丸の内)

ジャケットの柄色と文字盤をリンクさせればぐっとシックに

文字盤のダークブルーは、ロイヤル オークの“ナイトブルー、クラウド50”と同一。3時と9時位置のインダイヤルはブルー/グレーのバイカラー、6時位置をグレーとしたことで各表示が読み取りやすい。クロノグラフ特有のスポーティなニュアンスに合わせてジャケットを合わせているが、そのチェック柄のブルーを拾い、なおかつインに着たタートルも文字盤の色味と揃えたことで、シックにまとまっている。

【OFF style】
CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ×カジュアル

CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ×カジュアル
カーディガン16万5000円/コルヘイス、パンツ5万8300円/ベルナール ザンス(以上ビームス ハウス 丸の内) シャツ3万3990円/マルセル ラサンス(シップス 銀座店) ベルト〈スタイリスト私物〉

青×白を意識した休日スタイルにリッチな煌めきをプラス

白のショールカーディガンとデニムシャツを合わせた、休日カジュアルに、ダークブルー文字盤のクロノグラフが映えている。もちろん、この文字盤も新たに開発した同心円の波モチーフのスタンプ加工がなされ、見る角度で色合いが変わる。サテンとポリッシュの巧みな仕上げ分けによりエレガントにきらめくSSケースといい、さりげなく大人の余裕を示したい向きには絶好の1本だ。

スポーティさと艶っぽさ2つの表情で
装いとともに楽しめるロイヤル オークオフショア クロノグラフ

装いとともに楽しめるロイヤル オークオフショア クロノグラフ

ブラック×ゴールドで大人の色気をアピール

元祖ラグスポ時計「ロイヤルオーク」を、性能・外観ともよりパワフルにアレンジした「ロイヤル オーク オフショア」。誕生30周年にあたる今年、とびきり魅力的な新作がリリースされた。

43mmの「ロイヤル オーク オフショアクロノグラフ」は2021年に最新のエルゴノミクスを取り入れたケースへと進化していたが、今作ではブラックセラミックと18Kイエローゴールドを組み合わせ、より手首をセクシーに彩るモデルに。

とはいえメインカラーは黒のために悪目立ちしすぎず、今らしいビズスタイルのクールな引き締め役にも好適。もちろんあえてブラックの服と合わせて、キラリと光るゴールドの輝きを強調するのもいい。日常でさりげなく大人の色気を醸し出したい向きには最高の1本だ。

ロイヤル オーク オフショア
クロノグラフ

ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ

ブラックセラミック×イエローゴールドの鮮烈なコントラストで、セクシーさを増した。10気圧防水。約70時間パワーリザーブの自社製自動巻きムーブメント(Cal.4401)搭載。径43mm。ブラックセラミック+18Kイエローゴールドケース。アリゲーターストラップ(ブラックラバーストラップ付属)。803万円

【ON style】
ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ×ジャケット

ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ×ジャケット
スーツ10万5600円/ビームスF(ビームス ハウス 丸の内)ニット8万9100円/フェデリ(トレメッツォ)

茶からピンクの甘いトーンを黒×金クロノグラフで引き締める

モードテイストな黒スーツにももちろん合う時計だが、ビジネスで着用するなら、今らしいカジュアル感あるセットアップなどに合わせてもいいだろう。そこでブラックともゴールドとも相性のいいブラウンのセットアップをチョイスし、インは淡いピンクのニットに。こういうやや甘い色合わせの中で、時計がよい引き締め役となっている点にも注目を。

【OFF style】
ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ×カジュアル

ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ×カジュアル
ブルゾン6万2920円/サルヴァトーレ ピッコロ ×シップス(シップス 銀座店) ニット2万5300円/オロウ(カヴァレリア) パンツ3万8500円/ジェルマーノ(ビームス ハウス 丸の内)


クロノグラフ

ベージュと白を差すことで黒の艶感を巧みにコントロール

着用しているのは両胸にポケットのついた黒のオーバーシャツ。時計のブラックセラミックケースとリンクし、とてもクールな雰囲気だ。ここでインやボトムスまでブラックとすると艶っぽくなりすぎてしまうため、ノーブルなベージュのニットと白パンツを合わせているのもポイント。男らしさとエレガントさを両立する休日スタイルのご参考に。


誕生30年を迎えた大型スポーツウォッチの祖
ロイヤル オーク オフショアの歴史を振り返る

ラグジュアリースポーツウォッチというカテゴリーを作った、傑作「ロイヤル オーク」の20周年を記念して発表されたモデルが「ロイヤルオーク オフショア」。「ロイヤル オーク」の美点を巧みに踏襲しつつ、外観をより力強くダイナミックにアレンジし、性能面も格段とパワフルに進化させたコレクション。今年で誕生30周年を迎えた当コレクションを語る上で欠かせないモデルを紹介しながら、その輝かしい歴史を改めて振り返ってみよう。

1993年
初代ロイヤルオーク オフショア

初代ロイヤルオーク オフショア

ロイヤル オーク オフショアのデザインを担当した弱冠22歳のエマニュエル・ギュエは、天才ジェラルド・ジェンタが1972年に手がけたロイヤル オークの特徴を踏襲しつつ、42mmという当時かなりの大型サイズを採用。ラバーパッキン、カラーラバーに包まれたリューズなどを取り入れ、“ビースト”の愛称がつくのも納得な迫力ある外観に仕上げた。若い世代を中心に人気が高まり、たちまちブランドを代表するシリーズへと成長していく。

2003年
ロイヤル オーク オフショア チーム アリンギでボートレースとコラボ

ロイヤル オーク オフショア チーム アリンギでボートレースとコラボ

ロイヤル オーク オフショアは、その名の通り、アイデアのもとをオフショアモーターボートレースから取っている。じつはオーデマ ピゲはマリンスポーツ分野と昔から深く関わりがあり、多くのヨットレースをスポンサード。2000年にはスイスのヨットチーム、アリンギチームとパートナーシップを締結している。ご覧のモデルは同チームが3年後のアメリカズ カップで見事優秀したことを記念し、限定1000本で販売されたものだ。

2012年
ロイヤル オーク オフショア ミハエル・シューマッハでカーレースとコラボ

ロイヤル オーク オフショア ミハエル・シューマッハでカーレースとコラボ

マリンスポーツと並行し、オーデマ ピゲは2003年からカーレースの最高峰とも急速に関係を深めていく。ファン・パブロ・モントーヤ、ルーベンス・バリチェロ、ヤルノ・トゥルーリ、そしてミハエル・シューマッハなど多くのレーサーとのパートナーシップを結び、彼らにちなんだ特別なオフショアを発表。これによりオフショア・コレクションは、高いパフォーマンスを秘めたエクストリームスポーツウォッチであることを広く知らしめていく。

2023年
ロイヤル オーク オフショア フライング トゥールビヨン クロノグラフ

ロイヤル オーク オフショア フライング トゥールビヨン クロノグラフ

ロイヤル オーク オフショアは、高い人気を背景に、誕生から現在までじつに230種以上ものバリエーションが作られてきた。永久カレンダー、トゥールビヨン、グランドコンプリケーションなど時計好き垂涎の複雑機構搭載機も多数輩出され、ケースも宇宙や海洋産業に使われる最先端素材が積極的に採用されてきた。

2023年
ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ

ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ

今年は1993年モデルを、ブレスも含めて初めてフルブラックセラミックで再現したモデル(上)なども登場し、ますます人気に拍車がかかりそうだ。

お問い合わせ先

オーデマ ピゲ ジャパン TEL 03-6830-0000
公式サイト
日本特別コンテンツ



[MEN’S EX Winter 2024の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
※表示価格は税込み

2024

VOL.342

Summer

  1. 1
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop