【1分で学ぶ機械式時計講座】時計ケースの素材:セラミックケース

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

読者諸兄には時計好きの方も多いと思うが、機械式時計の基本構造、ムーブメントの仕組みやメカニズムまで、詳細に理解している方はまだまだ少ないのでは?と想像する。そんな方に向けた、腕時計の仕組みを“世界一わかりやすく”解説した本『世界一わかりやすい 腕時計のしくみ』が誕生。その中から一部をピックアップしてご紹介する。

腕時計のしくみ
時計ケースの素材【セラミックケース】

丈夫で錆などの化学変化に強いことが、ケース素材の条件。懐中時計の時代から主に金属が使われてきたが、2000年代以降は、実に多くの新素材が試みられている。素材がもつ特性が、時計に付加価値を与える。



セラミックケースとは?

多くは酸化ジルコニウム粉末を主原料とし、粒子をつなぎ合わせるバインダーと呼ばれる粘着剤を加えて金型成形した後、1400度以上の高温で焼成する。


 
時計ケースの素材:セラミックケース

ほぼ傷つくことがなく新品の美しさを保つ
ダイヤモンドに次ぐ硬さをもち、日常生活ではほぼ傷付くことがない。1986年から時計ケースに使われてきたが、広く普及したのは2000年以降。黒と白に始まり、今では実に多彩なカラーセラミックが存在する。

 

もっと知りたい方はこちら!

腕時計のしくみ 表紙画像

『世界一わかりやすい 腕時計のしくみ』
特別定価 :1,980円(税込み)
発⾏・発売:株式会社世界⽂化社
購入は こちら

※表示価格は本書発売時(2022年12月18日現在)の税込み価格です

2023

VOL.339

Autumn

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop