>> この記事の先頭に戻る

ケースの素材の種類

ステンレススチール

耐久性と耐錆性を兼備する、定番ケース素材。鉄にクロムやニッケルを配合した合金鋼。

18KYG/18KRG/18KWG

18カラットの金に、銀や銅、亜鉛などを配合した貴金属合金。混合物により黄、赤、白に。

チタン

SSの約60%という比重にして二倍の強度を持つ。肌に優しい利点があるが加工が困難。

ブロンズ

銅と錫の合金であるブロンズ(青銅)。真鍮よりも傷つきにくく、経年変化が楽しめる。

シリーズ記事一覧: 時計用語検定

<p><strong>ラウンド</strong><br />
時計のケース形状として定番の丸型であるラウンド。気密性をもたせやすく、見やすい。</p>

ラウンド
時計のケース形状として定番の丸型であるラウンド。気密性をもたせやすく、見やすい。

<p><strong>スクエア</strong><br />
正方形のケース。タグ・ホイヤーのモナコが有名。「カレ(仏語)」の名が付くことも。</p>

スクエア
正方形のケース。タグ・ホイヤーのモナコが有名。「カレ(仏語)」の名が付くことも。

<p><strong>クッション</strong><br />
1920~’30年代に流行した座布団=クッション型。現行モデルではパネライが有名。</p>

クッション
1920~’30年代に流行した座布団=クッション型。現行モデルではパネライが有名。

<p><strong>レクタンギュラー</strong><br />
長方形のケース。1930年代に登場したアール・デコ様式のひとつ。縦横の比率は様々。</p>

レクタンギュラー
長方形のケース。1930年代に登場したアール・デコ様式のひとつ。縦横の比率は様々。

<p><strong>トノー</strong><br />
縦長を基本とする樽型ケース。フランス語の「樽」から。フランク ミュラーなどが人気。</p>

トノー
縦長を基本とする樽型ケース。フランス語の「樽」から。フランク ミュラーなどが人気。

  1. 2
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • X
  • Instagram
  • YouTube
  • Facebook
  • X
  • Instagram
  • YouTube
pagetop