【時計と服の7ルール】流行りの“ラグスポ”を大人っぽく着けるコツは意外にも簡単だった⁉

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

時計と服
“今どき”コーディネートの7rules

グランドセイコー

心から満足できる時計に出会うためには、“何を選ぶか”と同じくらい“どう着けるか”を吟味することが肝要。そこで本特集では、時計の装い方について掘り下げてみたい。テーマは“今どき”目線。服装の多様化が進む昨今、時計の合わせ方も旧来とは随分と様変わりしている。その重要ポイントを「7 Rules」と題して解説しよう。

[rule2] ラグスポウォッチは“トラッド”に合わせる

時計業界において目下最大の潮流といえるラグスポ。その名のとおりTシャツやスウェットにも合うのが特徴だが、本誌はあえてトラッドな服装とのコーディネートをおすすめしたい。

渋く、落ち着いたスタイルの手元にキラリと光るラグスポウォッチ、そのコントラストが大人の魅力を醸し出してくれるからだ。人気のテイストだからこそ、装いで差別化を図るべし。

AUDEMARS PIGUET
オーデマ ピゲ ロイヤル オーク オートマティック

オーデマ ピゲ ロイヤル オーク オートマティック
自動巻き。SSケース&ブレスレット。5気圧防水。319万円(オーデマ ピゲ ジャパン)

2022年に誕生50周年を迎えたロイヤル オーク。こちらは「50」を象った専用ローターを採用したモデルで、41mmケースにグランドタペストリー模様のシルバー文字盤が輝く。シンプルにして存在感満点だ。大人気モデルゆえ入手は非常に困難。

\ 合わせるならこんなコーデが◎ /

 
オーデマ ピゲ
※服はすべてスタッフ私物

精緻極まる仕上げによって、まばゆいばかりの輝きを放つロイヤル オーク。その美しさを引き立てるために、あえて枯れたツイードジャケットをコーディネートした。カントリーテイストな服と都会的な手元のギャップが“今どき感”を演出する鍵となっている。パンツはチノよりもカジュアルなジーンズを合わせてスポーティ感を意識。

時計ビギン2023
『時計Begin2023 WINTER&SPRING』980円 >> Amazon.co.jpで購入
※表示価格は本書発売時(2022年12月7日現在)の税込み価格です
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2023

VOL.336

Winter

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop