究極の書き味、切れ味を叶える「研ぎ技」名品の2大巨塔とは?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

世界に誇れる名品、いくつ知っていますか?

究極の書き味、切れ味を叶える「研ぎ技」名品の2大巨塔とは?

研磨がモノづくりにおいて重要な工程となるものが、刃物だ。

約700年前に刀剣製作の地として始まった越前打刃物の伝統技術を駆使して作られる龍泉刃物は、職人が手作業で10工程以上のバフ研磨作業を行う。これによって刃に浮き出る波紋やダマスカス模様、龍泉輪の優美さが生まれるのだ。

さらに、セーラーは21金を使った滑らかな書き味のペン先を得意とし、その21金の柔らかいペン先を鋭く研ぐことができるブランドは世界でも他にない。



─研─
究極の書き味切れ味を叶える

RYUSEN
龍泉刃物の「〈丹巌龍プレミアム〉マイカルタ 三徳170mm」

龍泉刃物の「〈丹巌龍プレミアム〉マイカルタ 三徳170mm」

硬質と軟質の幾層を伝統の手研ぎで鋭く研ぎあげる
画像下:鋼と地金を交互に33層重ねて叩きあげた「鍛造ダマスカス製法」により、従来にない強度を実現。美しい鎚目模様の凹凸は、食材と刃の間に空気層を作り、切離れをよくする効果がある。3万140円 画像上:レザーケース付きで携帯しやすい「フォールディングステーキナイフ SK07」はキャンプなどでも重宝。5万4340円(龍泉刃物)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2023

VOL.336

Winter

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop