ユニバーサルランゲージメジャーズの3ピースで魅せる、今らしいナポリスタイルとは?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加
ユニバーサルランゲージ

スーツで、「さらなるWELL」を! #ユニバーサルランゲージメジャーズ編

『MEN’S EX』と『NIKKEI STYLE Men’s Fashion』が共催する「SUITS OF THE YEAR 2022」。今年で5回目を迎える当アワードは「チャレンジを纏う」をキーワードに、“ビジネスや自分のフィールドで情熱を持ってチャレンジし、時代を変えていく才能や志を持つ人”を部門別に表彰するものだ。世の中が再び動き出した今だからこそ、アワードを通じて改めてスーツを纏うことの意義や価値、愉しさを改めて強くアピールしたいと考えている。

アワード連動企画として、ここでは現在のスーツシーンを象徴するブランドやショップから、今季の要注目モデルをご紹介。併せてその魅力や着こなしのワンポイントアドバイスを、SUITS OF THE YEARのアドバイザーを務めるファッションディレクターの森岡 弘氏からいただいた。

今回は、「ユニバーサルランゲージメジャーズ」で仕立てた3ピーススーツを紹介する。

ナポリに範を求めた上質なスタンダード

立体美
スーツ9万5150円〈オーダー価格〉/ユニバーサルランゲージメジャーズ、シャツ1万2100円、ネクタイ8690円、ポケットチーフ2970円/以上ユニバーサルランゲージ(ユニバーサルランゲージメジャーズ 銀座三丁目店 TEL03‒6271‒0602)

生地、仕立て、デザインのすべてに隙がないスーツを、驚くほど良心的な価格で提供し続けているユニバーサルランゲージ。「ユニバーサルランゲージメジャーズ」は、そんな同ブランドが始動させたオーダー部門だ。“オーダースーツを作る悦びを、すべての人に”をコンセプトに掲げるだけに、こちらも既製服と同様のリーズナブルな価格を実現しており、早くも多くのビジネスマンから支持を得ている。

「豊富なモデルを展開しているなか、ここではとくに人気の高い“ナポリモデル”のサンプルスーツを紹介しました。随所にハンドワークを駆使し、肩や袖付けのいせ込み量も豊富なため、ナポリスーツの特徴である丸みや柔らかさ、色気がとてもうまく表現されています。パターンは日本人特有の前肩やなで肩にもフィットするよう設計されているそうで、軽い仕立てと相まって抜群に快適な一着が仕立てられることでしょう」(森岡さん)

生地アップ

淡いブラウンの生地はビエラの名門レダ社製。ネイビーやグレーにつぐ、スーツの新たな定番カラーとしてブラウンが近年人気だが、濃い色合いのものだと派手に見えたり、あるいはカントリーっぽくなりすぎたりして、ビジネスで着にくいという人も多いだろう。その点こちらはややグレーがかったブラウンで、誰もがすんなりと挑戦できると森岡さんは言う。

「白のタブカラーシャツと黒ベースの小紋タイでVゾーンをキリッと引き締めるのもポイント。ブラウンスーツには同じ茶系のタイを合わせがちですが、黒ベースのタイを合わせるとぐっとモダンで都会的な雰囲気になるんです。もちろんその場合は靴も黒がベスト。ぜひ参考になさってください」(森岡さん)

ナポリスーツの伝統技術とシルエットを踏襲しつつ、モダンにアレンジした「ナポリモデル」のオーダー用サンプルスーツ。ハンドワークを多用することで立体的かつ軽い一着に仕立てている。生地はスーパー110’S原毛を使用したレダ社製で、淡いブラウンカラーが柔らかなスーツの雰囲気と最高のマッチングを見せている。

ユニバーサルランゲージメジャーズ

URL:https://www.uktsc.com/cont/custom-order/

撮影=島本一男(STUDIO BAARL) スタイリング=森岡 弘(GLOVE) ヘアメイク=古口精樹 文=吉田 巌(十万馬力)

※表⽰価格は税込み

関連記事一覧:SUITS OF THE YEAR 2022

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2023

VOL.336

Winter

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop