IWCの絶対的人気ナンバー1、お馴染みのこのクロノはカラバリ増殖中

array(3) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1230554) ["id"]=> int(1230554) ["title"]=> string(30) "ME_2022_ChronographWatch_p22_3" ["filename"]=> string(34) "ME_2022_ChronographWatch_p22_3.jpg" ["filesize"]=> int(163962) ["url"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/06/ME_2022_ChronographWatch_p22_3.jpg" ["link"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/archives/1230549/me_2022_chronographwatch_p22_3" ["alt"]=> string(106) "ポルトギーゼ・クロノグラフ_薄いベゼルに余白を活かすダイヤルの好バランス" ["author"]=> string(2) "39" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(30) "me_2022_chronographwatch_p22_3" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1230549) ["date"]=> string(19) "2022-05-17 00:54:17" ["modified"]=> string(19) "2022-05-17 00:58:44" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(700) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(95) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/06/ME_2022_ChronographWatch_p22_3-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(95) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/06/ME_2022_ChronographWatch_p22_3-300x280.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(280) ["medium_large"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/06/ME_2022_ChronographWatch_p22_3.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(700) ["large"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/06/ME_2022_ChronographWatch_p22_3.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(700) } } ["entry_gallery_description"]=> string(322) "

薄いベゼルに余白を活かすダイヤルの好バランス

ベゼルが薄く、そのぶん面積が広い文字盤。その上に2つのインダイヤルを縦に並べ、余白を活かした上品なデザインとなる。1998年の登場時からこの仕様は変わっていない。

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1230556) ["id"]=> int(1230556) ["title"]=> string(30) "ME_2022_ChronographWatch_p22_4" ["filename"]=> string(34) "ME_2022_ChronographWatch_p22_4.jpg" ["filesize"]=> int(136751) ["url"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/06/ME_2022_ChronographWatch_p22_4.jpg" ["link"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/archives/1230549/me_2022_chronographwatch_p22_4" ["alt"]=> string(111) "ポルトギーゼ・クロノグラフ_1939年誕生の3針モデルは懐中時計のムーブメント搭載" ["author"]=> string(2) "39" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(30) "me_2022_chronographwatch_p22_4" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1230549) ["date"]=> string(19) "2022-05-17 00:54:42" ["modified"]=> string(19) "2022-05-17 00:59:07" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(700) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(95) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/06/ME_2022_ChronographWatch_p22_4-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(95) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/06/ME_2022_ChronographWatch_p22_4-300x280.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(280) ["medium_large"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/06/ME_2022_ChronographWatch_p22_4.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(700) ["large"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/06/ME_2022_ChronographWatch_p22_4.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(700) } } ["entry_gallery_description"]=> string(336) "

1939年誕生の3針モデルは懐中時計のムーブメント搭載

本作の起源となる3針の初代ポルトギーゼは1939年に誕生。この時代はまだ懐中時計が主流で、そのムーブメントを流用したことにより、当時としては非常に大型のモデルとなった。

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1230557) ["id"]=> int(1230557) ["title"]=> string(30) "ME_2022_ChronographWatch_p22_5" ["filename"]=> string(34) "ME_2022_ChronographWatch_p22_5.jpg" ["filesize"]=> int(249236) ["url"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/06/ME_2022_ChronographWatch_p22_5.jpg" ["link"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/archives/1230549/me_2022_chronographwatch_p22_5" ["alt"]=> string(94) "ポルトギーゼ・クロノグラフ_カラーバリエーションが増えたダイヤル" ["author"]=> string(2) "39" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(30) "me_2022_chronographwatch_p22_5" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1230549) ["date"]=> string(19) "2022-05-17 00:54:45" ["modified"]=> string(19) "2022-05-17 00:59:36" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(700) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(95) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/06/ME_2022_ChronographWatch_p22_5-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(95) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/06/ME_2022_ChronographWatch_p22_5-300x280.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(280) ["medium_large"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/06/ME_2022_ChronographWatch_p22_5.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(700) ["large"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/06/ME_2022_ChronographWatch_p22_5.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(700) } } ["entry_gallery_description"]=> string(317) "

カラーバリエーションが増えたダイヤル

近年、文字盤のカラーバリエーションがより拡充されたポルトギーゼ・クロノグラフ。シルバーのほか、ブラック、ブルー、グリーン、ワインレッドといった色をラインナップ。

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加

最も身近な複雑時計であり、デザイン性も高く、メカ好きからファッション好きまでを魅了するクロノグラフ。そんなクロノグラフ180本を紹介するバイヤーズガイド『超本格クロノグラフ大全』から、その中身をピックアップしてご紹介。

【注目のクロノグラフ】
ポルトギーゼ・クロノグラフ

IWC(アイ・ダブリュー・シー)

ポルトギーゼ・クロノグラフ_斜めカット
ポルトギーゼ・クロノグラフ 価格:95万1000円
 

20年以上デザインを変えない傑作ロングセラークロノグラフ

IWCの数あるモデルのなかでも、とりわけエレガント系ではNo.1の人気を誇るポルトギーゼ。その歴史は1930年代にまで遡り、ポルトガル商人の要請によって開発が行われたことから“ポルトギーゼ”の名になったと伝えられている。初代が懐中時計の手巻きムーブを搭載したことで、ポルトギーゼは1939年の誕生時より当時としては異例の大型スタイルに。大型で頑丈、広々として見やすい文字盤は生まれながらのコンセプトだった。そして、その名がいちやく有名になったのは1990年代。’95年のラトラパンテを経て、’98年に「ポルトギーゼ・クロノグラフ」が登場したことによる。

オリジナルのコンセプトを受け継いだ、このポルトギーゼ・クロノグラフもまた、登場時からオーバー40mmの大型モデルだった。その一方では、クロノグラフはダイナミックで煩雑なスポーティデザインという’90年代の概念とは一線を画していた。ベゼルは非常に薄く設えられ、すっきり広々としたレイアウトの文字盤。そこに控えめな縦並びの2カウンターと繊細なアラビア数字やリーフ針のみを配し、余計な装飾性はいっさい排除。まるで余白を楽しむかのような余裕が感じられる。常識を覆すエレガントなデザインのこのクロノグラフは、たちまち大人のユーザーから圧倒的な支持を集めた。

現行のポルトギーゼ・クロノグラフでは、2019年より内部機構が自社製キャリバー69355に変更。高級仕様のコラムホイールを採用したこのムーブメントによって機能性がさらに向上した。また、文字盤のバリエーションも定番のシルバーやブラックに、ブルー、グリーン、レッドなど多彩なカラーが追加された。だが、そうしたマイナーチェンジはあっても、時計の外観は’98年からほぼ変わっていない。それは、デビューより流行に左右されない確立したデザインの証なのだ。

 

2019年末より変更された自社製キャリバーを搭載

2019年末の機種変更により、搭載ムーブメントが従来のCal.79350から自社製のCal.69355へ変更。従来同様に大型で、より高機能なムーブがシースルーバックを通して観賞できる。

ポルトギーゼ・クロノグラフ_2019年末より変更された自社製キャリバーを搭載
<p><b>薄いベゼルに余白を活かすダイヤルの好バランス</b></p>
<p>ベゼルが薄く、そのぶん面積が広い文字盤。その上に2つのインダイヤルを縦に並べ、余白を活かした上品なデザインとなる。1998年の登場時からこの仕様は変わっていない。</p>

薄いベゼルに余白を活かすダイヤルの好バランス

ベゼルが薄く、そのぶん面積が広い文字盤。その上に2つのインダイヤルを縦に並べ、余白を活かした上品なデザインとなる。1998年の登場時からこの仕様は変わっていない。

<p><b>1939年誕生の3針モデルは懐中時計のムーブメント搭載</b></p>
<p>本作の起源となる3針の初代ポルトギーゼは1939年に誕生。この時代はまだ懐中時計が主流で、そのムーブメントを流用したことにより、当時としては非常に大型のモデルとなった。</p>

1939年誕生の3針モデルは懐中時計のムーブメント搭載

本作の起源となる3針の初代ポルトギーゼは1939年に誕生。この時代はまだ懐中時計が主流で、そのムーブメントを流用したことにより、当時としては非常に大型のモデルとなった。

<p><b>カラーバリエーションが増えたダイヤル</b></p>
<p>近年、文字盤のカラーバリエーションがより拡充されたポルトギーゼ・クロノグラフ。シルバーのほか、ブラック、ブルー、グリーン、ワインレッドといった色をラインナップ。</p>

カラーバリエーションが増えたダイヤル

近年、文字盤のカラーバリエーションがより拡充されたポルトギーゼ・クロノグラフ。シルバーのほか、ブラック、ブルー、グリーン、ワインレッドといった色をラインナップ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

VOL.334

Summer

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop