”OK Google”で快適なドライブの実現を加速させたボルボのXC60

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加
インフォテイメントシステムにGoogleを採用したボルボXC60に見る、クルマのデジタル化とは

インフォテイメントシステムそのものにGoogleアプリ/サービスを採用

2021年9月に発表されたミドルサイズSUV「ボルボXC60」の一部改良モデルが日本に上陸した。エクステリアでは、フロントグリル、前後バンパーのデザインを変更。よりスクエアな印象になった。また各グレードのアルミホイールも新デザインになった。

ボルボXC60
マイナーチェンジで内外装を変更、フロントグリルや前後バンパーが新デザインに。ボルボ自慢の安全装備も「先行車発進告知機能」「リア衝突回避・被害軽減ブレーキ」が追加された。

しかし最大のトピックは、デザインやパワートレインの変更ではなく、インフォテイメントシステムのOSが、GoogleのAndroidになったことだ。Googleといえばこれまでにもスマートフォンと連携させるAndroid Autoというアプリが存在したけれども、新型XC60ではインフォテイメントシステムそのものにGoogleアプリ/サービスを採用したというわけだ。

ボルボXC60
48VハイブリッドシステムのB5、さらに電動スーパーチャージャーを備えたB6、プラグインハイブリッドのT8(写真)をラインアップ。

ボルボでは、電気自動車のXC40リチャージにこのGoogleのシステムを初搭載し、XC60、S90、V90、V90クロスカントリーと拡大しており、日本では発表のタイミング的にこのXC60で初披露となった。とはいうものの、試乗時には、Google アシスタントがまだ日本語対応しておらず、2022年の第1四半期には日本語対応にアップデート予定という。このあたり走りながら進めていくやり方もいかにもいまの時代的だ。

ボルボXC60 シート
ディスプレイや操作ロジック、機能などの変更のみで、インテリアデザインは基本変わっていない。
ボルボXC60 シート
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

VOL.334

Summer

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop