この春、阪急メンズ東京で“一生靴”と出逢う

array(3) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1226674) ["id"]=> int(1226674) ["title"]=> string(28) "c_fashion_220316_hankyu_pg01" ["filename"]=> string(32) "c_fashion_220316_hankyu_pg01.jpg" ["filesize"]=> int(424350) ["url"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/03/c_fashion_220316_hankyu_pg01.jpg" ["link"]=> string(68) "https://www.mens-ex.jp/archives/1226637/c_fashion_220316_hankyu_pg01" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(28) "c_fashion_220316_hankyu_pg01" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1226637) ["date"]=> string(19) "2022-03-14 07:21:44" ["modified"]=> string(19) "2022-03-14 07:21:44" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/03/c_fashion_220316_hankyu_pg01-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/03/c_fashion_220316_hankyu_pg01-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/03/c_fashion_220316_hankyu_pg01.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/03/c_fashion_220316_hankyu_pg01.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(411) "

ラグジュアリーとハズシの融合
(メンズドレスバイヤー 福島雄介さん)

メンズドレスバイヤーとして活躍する福島雄介氏が提案するスリッポン。シンプルな佇まいの中にノーブルな雰囲気を醸し出す。インソールも通常より少し厚めにし、クッション性にも優れる。4万9500円

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1226676) ["id"]=> int(1226676) ["title"]=> string(28) "c_fashion_220316_hankyu_pg03" ["filename"]=> string(32) "c_fashion_220316_hankyu_pg03.jpg" ["filesize"]=> int(593906) ["url"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/03/c_fashion_220316_hankyu_pg03.jpg" ["link"]=> string(68) "https://www.mens-ex.jp/archives/1226637/c_fashion_220316_hankyu_pg03" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(28) "c_fashion_220316_hankyu_pg03" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1226637) ["date"]=> string(19) "2022-03-14 07:21:47" ["modified"]=> string(19) "2022-03-14 07:21:47" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/03/c_fashion_220316_hankyu_pg03-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/03/c_fashion_220316_hankyu_pg03-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/03/c_fashion_220316_hankyu_pg03.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/03/c_fashion_220316_hankyu_pg03.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(427) "

日本人の足型に合わせたドレス顔
(ビームスF ディレクター 西口修平さん)

ビームスF ディレクターの西口修平氏が手掛けたのは、ドレッシーなビットローファー。ノーズの長さにもこだわり、エレガントな雰囲気を追求。フレックスソールの特徴を踏襲し、履き心地も抜群だ。6万9300円

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1226675) ["id"]=> int(1226675) ["title"]=> string(28) "c_fashion_220316_hankyu_pg02" ["filename"]=> string(32) "c_fashion_220316_hankyu_pg02.jpg" ["filesize"]=> int(457966) ["url"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/03/c_fashion_220316_hankyu_pg02.jpg" ["link"]=> string(68) "https://www.mens-ex.jp/archives/1226637/c_fashion_220316_hankyu_pg02" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(28) "c_fashion_220316_hankyu_pg02" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1226637) ["date"]=> string(19) "2022-03-14 07:21:45" ["modified"]=> string(19) "2022-03-14 07:21:45" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/03/c_fashion_220316_hankyu_pg02-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(93) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/03/c_fashion_220316_hankyu_pg02-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/03/c_fashion_220316_hankyu_pg02.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2022/03/c_fashion_220316_hankyu_pg02.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(408) "

オーセンティックなラストながら履き心地も追求
(ファッションディレクター 干場義雅さん)

王道スーツに本当に必要な1足をコンセプトに、ファッションディレクターの干場義雅氏が考案。オーセンティックなラストを採用しながら履き心地にもこだわっている。6万9300円

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加

sponsored

靴選びに欠かせない上質な作りとメンテナンスにフォーカス
この春、阪急メンズ東京で“一生靴”と出逢う

阪急メンズ

ファッションを愛する者として、上質なワードローブこそ正しくメンテナンスしながら、愛用したいもの。長く使えば使うほど、経年変化による表情が生まれ、一層の愛着もわいてくる。時にはリペアも大切だ。

この春、阪急メンズ東京がこだわりの靴とメンテナンスにフォーカスしたシューズフェアを開催。大切に使い続けたい1足に巡り合う機会として欲しい。

WH(ダブルエイチ)
ファッショニスタのこだわりを詰めた別注靴が完成

阪急メンズ

MEロゴ M.E. 極上靴の条件、またWHの魅力はどのような点ですか?


干場 干場 普遍的でシンプル。かつ、自分のスタイルに合い、履くほどに足に馴染んでくれる靴ですね。そういう意味で、WHは履きやすく、丈夫で長く愛用できます。


西口 西口 足馴染み、堅牢さに加えて素材の良さも大切です。WHはコンフォートな履き心地なのに作りが本格的なのがいいですね。


福島 福島 愛着が持てるかどうかもポイントかと。その美しさに心動かされるかどうか。WHはシンプルながら遊びがあり、幅広い装いに合わせやすいと思います。


ファッショニスタのこだわりを詰めた別注靴

<p><strong>ラグジュアリーとハズシの融合<br />
(メンズドレスバイヤー 福島雄介さん)</strong></p>
<p>メンズドレスバイヤーとして活躍する福島雄介氏が提案するスリッポン。シンプルな佇まいの中にノーブルな雰囲気を醸し出す。インソールも通常より少し厚めにし、クッション性にも優れる。4万9500円</p>

ラグジュアリーとハズシの融合
(メンズドレスバイヤー 福島雄介さん)

メンズドレスバイヤーとして活躍する福島雄介氏が提案するスリッポン。シンプルな佇まいの中にノーブルな雰囲気を醸し出す。インソールも通常より少し厚めにし、クッション性にも優れる。4万9500円

<p><strong>日本人の足型に合わせたドレス顔<br />
(ビームスF ディレクター 西口修平さん)</strong></p>
<p>ビームスF ディレクターの西口修平氏が手掛けたのは、ドレッシーなビットローファー。ノーズの長さにもこだわり、エレガントな雰囲気を追求。フレックスソールの特徴を踏襲し、履き心地も抜群だ。6万9300円</p>

日本人の足型に合わせたドレス顔
(ビームスF ディレクター 西口修平さん)

ビームスF ディレクターの西口修平氏が手掛けたのは、ドレッシーなビットローファー。ノーズの長さにもこだわり、エレガントな雰囲気を追求。フレックスソールの特徴を踏襲し、履き心地も抜群だ。6万9300円

<p><strong>オーセンティックなラストながら履き心地も追求<br />
(ファッションディレクター 干場義雅さん)</strong><br />
王道スーツに本当に必要な1足をコンセプトに、ファッションディレクターの干場義雅氏が考案。オーセンティックなラストを採用しながら履き心地にもこだわっている。6万9300円</p>

オーセンティックなラストながら履き心地も追求
(ファッションディレクター 干場義雅さん)

王道スーツに本当に必要な1足をコンセプトに、ファッションディレクターの干場義雅氏が考案。オーセンティックなラストを採用しながら履き心地にもこだわっている。6万9300円

MEロゴ M.E. 今回の別注ではどのような点にこだわりましたか?


西口 西口 イタリアにもイギリスにもない顔のドレスローファーを、ビスポークさながらに作りました。素材も最高級の革を使っているのが見どころです。


福島 福島 私は履き心地に加え、洒落感も追求しています。刺繍とパイピングをグレーにして、落ち着きある雰囲気に仕上げました。


干場 干場 私も同じく履き心地と、スタイルをよりよく見せてくれる点にこだわりました。これぞWHが考える「進化する王道の解答」と捉えてください!


MEロゴ M.E. ありがとうございます。それぞれどのようなスタイルに合わせるのが良いでしょうか?


福島 福島 一般的なルームシューズよりヒールを高くしていますので、ドレッシーなスタイルにも合いますし、デニムやミリタリーパンツのハズシとして取り入れていただいてもいいと思います。


干場 干場 このストレートチップは、グレーフランネルのような英国的な王道スーツが最適です。


西口 西口 今回のビットローファーはエレガントな雰囲気ですが、カジュアルからタキシードまで、幅広く楽しんでいただけると思います。


About brandWH(ダブルエイチ)
WHはファッションディレクターの干場義雅氏とシューデザイナーの坪内 浩氏がタッグを組んで誕生した日本発の靴ブランド。両名の名前のHに由来する。日本らしい丁寧な作りで抜群の履き心地を誇る。

Special Eventを開催!

3/20
14時~

@hankyu_mens_tokyoのアカウントでインスタライブ配信を実施
15時~
フィッティングオーダー会を開催。坪内氏、干場氏、西口氏、ティアモ氏も来店。
※なお、3月20日(日)~27日(日)までWHの受注会を開催

インスタグラム@mens_exにて、干場さん、西口さん、ティアモさんがWHを履いたオススメコーデ写真を投稿。こちらもぜひご注目を!

<p><strong>ラグジュアリーとハズシの融合<br />
(メンズドレスバイヤー 福島雄介さん)</strong></p>
<p>メンズドレスバイヤーとして活躍する福島雄介氏が提案するスリッポン。シンプルな佇まいの中にノーブルな雰囲気を醸し出す。インソールも通常より少し厚めにし、クッション性にも優れる。4万9500円</p>

ラグジュアリーとハズシの融合
(メンズドレスバイヤー 福島雄介さん)

メンズドレスバイヤーとして活躍する福島雄介氏が提案するスリッポン。シンプルな佇まいの中にノーブルな雰囲気を醸し出す。インソールも通常より少し厚めにし、クッション性にも優れる。4万9500円

<p><strong>日本人の足型に合わせたドレス顔<br />
(ビームスF ディレクター 西口修平さん)</strong></p>
<p>ビームスF ディレクターの西口修平氏が手掛けたのは、ドレッシーなビットローファー。ノーズの長さにもこだわり、エレガントな雰囲気を追求。フレックスソールの特徴を踏襲し、履き心地も抜群だ。6万9300円</p>

日本人の足型に合わせたドレス顔
(ビームスF ディレクター 西口修平さん)

ビームスF ディレクターの西口修平氏が手掛けたのは、ドレッシーなビットローファー。ノーズの長さにもこだわり、エレガントな雰囲気を追求。フレックスソールの特徴を踏襲し、履き心地も抜群だ。6万9300円

<p><strong>オーセンティックなラストながら履き心地も追求<br />
(ファッションディレクター 干場義雅さん)</strong><br />
王道スーツに本当に必要な1足をコンセプトに、ファッションディレクターの干場義雅氏が考案。オーセンティックなラストを採用しながら履き心地にもこだわっている。6万9300円</p>

オーセンティックなラストながら履き心地も追求
(ファッションディレクター 干場義雅さん)

王道スーツに本当に必要な1足をコンセプトに、ファッションディレクターの干場義雅氏が考案。オーセンティックなラストを採用しながら履き心地にもこだわっている。6万9300円

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

Spring VOL.333

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop