ハッチバックの名門プジョーには、今も伝統の味が色濃く残る【新型プジョー208試乗】

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加
プジョー Bセグメントハッチバック「208」

プジョーの屋台骨を支える20Xシリーズの最新モデル

プジョーのBセグメントハッチバック「208」が2世代目へとフルモデルチェンジした。プジョーの「20X」シリーズは、80年代にヒットした「205」にはじまり、モデルチェンジを重ねるごとに「206」、「207」と末尾の数字が1つずつ増えてきたが、新型は「209」ではなく、車名は「208」のままに、中身は2代目へと進化した。

実はプジョーは真ん中が「0」の3桁の数字を車名として商標登録しているのだが、209を使ってしまうと、「20X」シリーズが打ち止めになるため、それを回避したものと思われる。ちなみに初代ポルシェ911は、デビュー当初の車名は901だったが、プジョーの商標権によってやむなく911へと変更したという逸話がある。

プジョー Bセグメントハッチバック「208」
ガソリンモデル以外に、EVモデルであるe-208をラインナップに加えた208。両グレードはエクステリアやラゲッジ容量などに差は設けられていない。動力源の違いを感じさせず平等に両車を扱うというのが、新しいプジョーのコンセプトだ。

車体骨格は、PSA グループのB&CセグメントをカバーするCMP (Common Modular Platform)で、内燃エンジンモデルだけでなくバッテリーEVまでを見越した最新世代のものだ。そのためこの208には同社初の電気自動車「e-208」が同時にラインナップされた。

プジョー Bセグメントハッチバック「208」先進機能装備
新骨格CMPによって、Bセグメントでは採用されることのないワンランク上の先進機能装備を実現。レーンポジショニングや衝突軽減ブレーキなど、ユーザーにとってありがたい装備が用意されている。

またプラットフォームを最新のものとすることで、ADAS(先進運転支援システム)が一気に最新のものへとアップデイトされた。コンパクトカーながらも、ストップ&ゴー機能付きアクティブクルーズコントロールや歩行者、自転車も検知するアクティブセーフティブレーキ、レーンポジショニングアシストやレーンキープアシストなどの最新アイテムを標準装備している。

ガソリンエンジンは、上から「GT」、「Allure」、「Style」の3グレードがある。パワートレインは3者共通の、最高出力100ps、最大トルク205Nmを発揮する、1.2リッター3気筒エンジンだ。トランスミッションは8速ATを組み合わせる。試乗車は、もっともスポーティな装備の「GT」だった。(2021年2月の一部改良で、グレード名を従来の「GTライン」から「GT」へと変更。また燃費(WLTCモード)が5%アップし、17.0km/ℓから17.9km/ℓとなった。排ガス基準四つ星レベル(50%低減認定車)を取得し、エコカー減税の対象となる)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Jun. VOL.322

6

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop