本誌ウォッチディレクターが選んだ「スーツに合わせるならこの時計」

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加
スーツに合わせるならこの時計

時計の合わせ方も脱セオリーが進んでいるからこそ、自分なりの流儀やロジックで装いとのミックス&マッチを楽しむのが今どきの作法。そこで、本誌ウォッチディレクターが個人的ファッション目線で新作時計を品評してみた。是非スタイリングの一助としてほしい。

M.E.ウォッチディレクター 中里 靖 M.E.ウォッチディレクター
中里 靖

長年M.E.ファッション班でキャリアを積んできたが、2012年より『時計Begin』編集長を務め、今ではすっかり時計の人。今年より本誌のウォッチディレクターに就任。

for Suit Style

スーツスタイル
スーツ16万1000円/デ ペトリロ(ザ ソブリンハウス) シャツ2万9000円/エリコ フォルミコラ、タイ1万円/アンドレア モリネッリ(以上ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) 靴15万9000円/エドワード グリーン(エドワード グリーン 銀座店) チーフ〈スタイリスト私物〉
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Winter VOL.329

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop