ファッション目線で選び抜いた「スーツに合わせたい時計」を発表!

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加
座談会

服飾業界の時計好きに、“コレは本当に欲しい”という一本を選んでいただき、さらに“こんなスタイリングで着けたい”という実例もご提案いただいた!

ストラスブルゴ 銀座店 セールスエキスパート 櫻井辰也さん ストラスブルゴ 銀座店 セールスエキスパート
櫻井辰也さん

1973年生まれ。新作時計情報にも精通。接客時、顧客と時計の話で盛り上がることもたびたび。

▼櫻井さんの“コレが欲しい!”

IWC
アイ・ダブリュー・シー
「ポルトギーゼ・オートマティック 40」

アイ・ダブリュー・シー 「ポルトギーゼ・オートマティック 40」

シンプルですが、 見れば見るほど味わい深い時計です

1930年代に誕生した「Ref.325」の様式を受け継ぐ、シンプルな3針時計。サイズもやや小ぶりに設計され、ドレス感が高まった。「個人的には、節度あるハズシの効いた時計合わせが好み。なので、今回はあえてスーツにポルトギーゼを選びました」(櫻井氏)自動巻き。径40.4㎜。RGケース。172万円(IWC)

▼こう着けたい!

アイ・ダブリュー・シー 「ポルトギーゼ・オートマティック 40」着用イメージコーディネート
スーツ22万6000円/ラルディーニ、シャツ5万6000円/フライ、タイ3万3000円/アット ヴァンヌッチ、チーフ1万8000円/キートン(以上ストラスブルゴ)
ストラスブルゴ 銀座店 セールスエキスパート 櫻井辰也さん

色柄で遊びを効かせた“楽しい”スーツスタイル
「時計の配色に合わせて、柔らかなグレーベースに茶系の柄を取り入れた服で統一しました。ビジネススタイルとしては少し攻めているかもしれませんが、ポルトギーゼにはこれくらい遊びの効いたコーディネートが似合うと思いますね」

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Apr. VOL.320

4

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop