今買って損しない本格靴は「上質なローファー」が最有力ではないか?【meSTORE】

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

従来の着こなしルールでは、紳士の足元の基本にして王道といえば「ストレートチップの内羽根靴」の一足だった。しかし、時代は変わってビジカジ主流の今、最も汎用性の高い紳士の足元と言えば、外羽根靴や紐なしのモンクストラップ、そしてローファーに取って代わられた。

ここでは本格英国靴の中から、そんな今の時代にオンオフ使い回しができる万能ローファーを紹介しよう。

チーニーのローファー
ジョセフ チーニーのローファー「ハドソン」 価格:7万1000円
購入はこちら

オンにもオフにも映える、本物の英国靴

ジョセフ チーニーは、1886年にイギリス・ノーサンプトンで創業した靴ブランド。英国ブランドらしい堅牢な作りはそのままに、時代性を取り入れる名手として知られ、器用で柔軟な対応力があることから、日本の有名セレクトショップもこぞって別注を掛ける人気ぶり。

なかでも定番に位置づけられるモデル「ハドソン」はクラシックなウールパンツの装いにはもちろん、休日のデニムスタイルとも抜群の相性を見せる。この守備範囲の広さが何よりの魅力だ。

JOSEPH CHEANEYの「ハドソン」

JOSEPH CHEANEYの「ハドソン」
英国靴らしい丸みとボリューム感のあるフォルムは、ドレスにも取り入れやすい。
購入はこちら
JOSEPH CHEANEYの「ハドソン」
アッパーには、キメの細かい革質が上品な光沢を放つボックスカーフを採用。
購入はこちら
JOSEPH CHEANEYの「ハドソン」
ローファー専用のラスト「5203」を採用している。
JOSEPH CHEANEYの「ハドソン」

他にもオススメがあります

meSTORE

meSTORE https://mestore.mens-ex.jp/



※表示価格は税抜き
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Spring/Summer VOL.321

  1. 1
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop