IWCの大定番パイロット・ウォッチに「超弩級モデル」が存在するのを知ってた?

array(3) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1180577) ["id"]=> int(1180577) ["title"]=> string(13) "p38-39_point1" ["filename"]=> string(17) "p38-39_point1.jpg" ["filesize"]=> int(380173) ["url"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p38-39_point1.jpg" ["link"]=> string(53) "https://www.mens-ex.jp/archives/1180574/p38-39_point1" ["alt"]=> string(13) "p38-39_point1" ["author"]=> string(2) "37" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(13) "p38-39_point1" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1180574) ["date"]=> string(19) "2020-12-03 07:18:06" ["modified"]=> string(19) "2020-12-03 07:18:27" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(78) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p38-39_point1-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(78) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p38-39_point1-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p38-39_point1.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p38-39_point1.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(0) "" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1180578) ["id"]=> int(1180578) ["title"]=> string(13) "p38-39_point2" ["filename"]=> string(17) "p38-39_point2.jpg" ["filesize"]=> int(346224) ["url"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p38-39_point2.jpg" ["link"]=> string(53) "https://www.mens-ex.jp/archives/1180574/p38-39_point2" ["alt"]=> string(13) "p38-39_point2" ["author"]=> string(2) "37" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(13) "p38-39_point2" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1180574) ["date"]=> string(19) "2020-12-03 07:18:07" ["modified"]=> string(19) "2020-12-03 07:18:32" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(78) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p38-39_point2-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(78) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p38-39_point2-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p38-39_point2.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p38-39_point2.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(0) "" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1180579) ["id"]=> int(1180579) ["title"]=> string(13) "p38-39_point3" ["filename"]=> string(17) "p38-39_point3.jpg" ["filesize"]=> int(357998) ["url"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p38-39_point3.jpg" ["link"]=> string(53) "https://www.mens-ex.jp/archives/1180574/p38-39_point3" ["alt"]=> string(13) "p38-39_point3" ["author"]=> string(2) "37" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(13) "p38-39_point3" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1180574) ["date"]=> string(19) "2020-12-03 07:18:08" ["modified"]=> string(19) "2020-12-03 07:18:36" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(78) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p38-39_point3-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(78) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p38-39_point3-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p38-39_point3.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p38-39_point3.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(0) "" } }
Facebook
Twitter
友だち追加

難解極まりない超複雑な機械式時計の仕組みを“優しく”解説する『超弩級 複雑腕時計図鑑』がMEN’S EX特別編集によって発売に。ここでは、その中身をピックアップしてご紹介する。

IWC(アイ・ダブリュー・シー)
パイロット・ウォッチ
パーペチュアル・カレンダー・クロノグラフ “プティ・プランス”

日付と曜日を独立させたクラウス式の永久カレンダー

p38-39_main  

 SPEC INFORMATION 
ミッドナイトブルーのダイヤルは、星の王子様にオマージュを捧げる限定モデル専用カラーだ。限定250本。ケースサイズ:43㎜ ケースの厚さ:15.9㎜ ケース素材:18KRG ストラップ:カーフ 巻き上げ:自動巻き 搭載キャリバー:Cal.89630 防水性能:6気圧 振動数:毎時2万8800振動 パワーリザーブ:約68時間 ムーブメントのパーツ数:399個 石数:51石 ムーブメントの直径:30㎜ ムーブメントの厚さ:9㎜
価格:433万円
問:IWC
TEL:0120-05-1868

IWCの象徴的な複雑機構をすべて自社製で実現!

2つ前のモデルで述べたように、画期的なクラウス式永久カレンダー・モジュールは、クロノグラフに組み込まれることで、機械式時計の魅力を広く伝えた。それを搭載したダ・ヴィンチの名を継ぐコレクションは、2007年に初の自社製クロノグラフCal.89000系を初搭載。そしてフルリニューアルした2017年には、そのクロノグラフに、ついにクラウス式永久カレンダーが組み合わされた。その2年後に登場したこのモデルも、同様にムーブメントCal.89630を搭載。IWCの1つの象徴であるパイロット・ウォッチに、初めてパーペチュアル・カレンダー・クロノグラフがラインナップされた。

クルト・クラウス氏は、最初の永久カレンダー・モジュールを汎用のクロノグラフ・ムーブメントに組み込むにあたり、もともと備わるデイトリングを活用した。すべての暦表示を、デイトリングから枝分かれさせて動かしたのだ。この巧妙な設計によって、複雑な永久カレンダー機構は、わずか80個ほどのパーツで実現された。時計に限らず、すべての機械は、構成部品が少ないほど壊れにくい。彼の師であるアルバート・ペラトン氏から学んだ耐久性を重視した設計思想は、現在のIWCに受け継がれている。Cal.89000系も、クロノグラフ機構を3時方向にコンパクトにまとめ、巨大な一枚ブリッジで覆った堅牢な構造をもつといった具合に。

時分同軸積算計のCal.89000系は、上下の2カウンター。ダイヤルにスペースが大きく残り、インダイヤルが見やすく配置しやすい。つまり多針となる永久カレンダーと組み合わせるにも向く。追加された左右のインダイヤルには、確認する頻度が多い日付と曜日とをそれぞれ独立して装備。そして元来備わる上下のインダイヤルのうち、12時位置側の同軸積算計内にムーンフェイズを収めた。7-8時位置には、4桁の西暦表示も備わる。1985年に生まれた傑作の機構が、すべて自社製となって高性能に生まれ変わった。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Jun. VOL.322

6

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop