【特別対談】東京五輪ゴルフ日本代表ヘッドコーチ・丸山茂樹 × スキージャンプ葛西紀明

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

東京五輪ゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める丸山茂樹プロが、オリンピアンと語らいながらライフスタイルを深堀りする本企画。第8回のゲストは長野で合宿中のスキージャンプ界のレジェンド、葛西紀明選手。丸山プロのいる東京と繋いで、連載初となるリモート対談を行った。

【Fun for Win】VOL.08 
東京五輪ゴルフ日本代表ヘッドコーチ 丸山茂樹×葛西紀明[前編]

丸山茂樹さん、葛西紀明さん

丸山茂樹さん MARUYAMA Shigeki
1969年生まれ。千葉出身。日本ツアー通算10勝。2000年より米ツアーに参戦して3勝。2002年には伊澤利光プロとのペアでゴルフワールドカップを制覇。東京五輪では前回のリオ五輪に続いて、ゴルフ日本代表のヘッドコーチを務める。ニックネームは“マルちゃん”。

葛西紀明さん KASAI Noriaki
1972年生まれ。北海道出身。2014年ソチ五輪ラージヒル個人で銀メダルを、団体で銅メダル獲得。現在、土屋ホームスキー部の選手兼監督を務める。冬季五輪出場は史上最多の連続8回。『40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方』(東洋経済新報社)など著書多数。

41歳で銀メダルの伝説は3KM手帳から生まれた

丸山 こんにちは! レジェンドは今、どこにいらっしゃるんですか?

葛西 長野の白馬で合宿をしています。今季初の公式戦に備えて、地元の北海道から新潟までフェリーでやってきたんですよ。僕がいつも飛んでいるジャンプ台、画面越しに見えますか?

丸山 すごい高さ! 宮崎駿の世界みたいですね。

葛西 まだ雪がないので、セラミックのレールを滑って、プラスチックのマットに着地するんです。

丸山 一番上からティショット打ったら、気持ちいいだろうなあ!

葛西 最高でしょうね。

スキージャンプ台
葛西紀明さん

丸山 この連載では、競技外のライフスタイルについて伺っています。レジェンドが習慣にされていることは?

葛西 なりたい自分をイメージして、手帳に具体的に書くことを実践しています。これは僕が所属している会社、土屋ホームの自己啓発プログラムの一環で、3KM(スリーケーエム)手帳という独自の手帳もあるんですよ。

丸山 未来の自分を言葉にすると。

葛西 はい。五輪に向けてこんな結果を出したいと書いてみたら、どんどん実現していったんです。これはメダルを獲れるなという流れを感じて、実際2014年のソチ五輪で銀メダルを獲ることができました。

丸山 タイガー・ウッズも、ジャック・ニクラウスがもつメジャー18勝最多記録を破ることが子どもの頃からの目標だとか。僕自身もメジャーに参戦したいとか、小さい頃から夢は大きく生きてきたけれど、手帳に書くなんて誰かに見られたら恥ずかしいなあ。

葛西 見られないように、大切に保管するんですよ。

丸山 目標はたくさんあるから、僕も手帳に書いてみようかな。

葛西 プレゼントしますよ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Feb.&Mar. VOL.319

2・3

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop