「どんな打ち方をしても曲がらない!?」スライサー向けドライバー

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

プロゴルフコーチの奥嶋誠昭氏と、ゴルフ大好きゴルフライターの鶴原弘高氏が最新の注目クラブやシャフトを試打計測。気になる性能を徹底レビュー!

PING G425 SFT DRIVER/ピン G425 SFT ドライバー
【プロ&アマの最新ゴルフクラブ試打レビュー vol.108】

ヒール寄りの固定ウェイトで球がつかまる
スライサー向けだけど、左にも曲がりすぎない

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ ピンのG425シリーズで展開されているドライバー3モデル。これまでに「G425 MAX」と「G425 LST」を試打しましたので、こちらが最後のモデルとなります。「G425 SFT ドライバー」です!

奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ  ヘッドの形状は「G425 MAX」と変わらないけれど、構えてみるとフェースが少しだけ左を向いているように見えます。オートマチックにドローが打てそうな印象を受けますね。

試打クラブのロフト角は10.5度、シャフトは標準採用「ALTA J CB SLATE」のフレックスS

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ フックフェースというほどじゃないけれど、なんとなく球をつかまえやすそうな顔つきですよね。「G425 MAX」と「G425 LST」は、ヘッド後部のウェイトポジションを3ヶ所から選んで付け替えられる仕組みですが、「G425 SFT」はヒール側のみになっているのも特徴です。

ヘッド後方の中央部には空気抵抗を軽減するデザイン「VORTEC」が採用されている

奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ 「G425 SFT」は、ヘッドをターンさせやすくするために、ヒール側にウェイトが配置されているわけですね。それでは、さっそく今回も2パターンのヘッドスピードで打ってみます。おりゃ!

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Dec. VOL.317

12

  1. 1
2
LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop