渋~いツイードジャケットでも「脱・オジさん見え」する、着こなしのポイントは?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

「脱・オジさん見え」の渋ジャケット活用実例
[ツイード ジャケット編]

ツイード ジャケット
左:ジャケットは下のキャプション参照。ニット14万3000円/バランタイン(ウールン商会) パンツ3万6000円/シヴィリア(ストラスブルゴ)  時計145万5000 円/ IWC(IWC) 靴9万4000円/オールデン(ラコタ) 右:ジャケットは下のキャプション参照。ニット4万2000円/フェデリ(トレメッツォ) パンツ2万9000円/ GTA(ビームス 六本木ヒルズ) 時計54万円/IWC(IWC) 靴2万3000円/クラークス オリジナルズ(クラークスジャパン)※左右ともに記載のないものは、スタイリスト私物

大人の渋みを演出するのに絶好である反面、年齢以上に老け込んで見える危険も……。ツイードジャケットはそんな渋ジャケットの代表例。とくにガシッと硬い生地のものは、本格的ではあるが野暮に陥りやすい。それを避けるためには、できる限り柔らかなツイードを選ぶといい。

そしてカジュアルにツイードを着こなすには、シャツよりもニットを選んだほうが断然モダン。さらに選ぶニットに色や柄の効いていれば効果は抜群。一層若々しく装えるはずだ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Dec. VOL.317

12

  1. 1
2
LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop