>> この記事の先頭に戻る

<p><strong>【Technique 1】ベルトをコーディネートの主役にする</strong></p>
<p>ついつい何にでも合う無難なベルトを選んでしまいがちだが、腰回りが目立つ夏こそ、主役級の存在感をもつベルトを取り入れてみよう。スタッズ入りのものやウエスタンベルトなどが定番だが、目新しいところとしては“ネイティブ調”のベルトがおすすめ。昨今トレンドのミリタリーパンツやワイドチノなど、武骨な雰囲気のパンツと非常によくマッチする。ヴィンテージテイストなデニムにもベストマッチで、意外と汎用性が高いのもポイントだ。<figcaption>ベルト1万2000円/メゾン ガウチョ(ビームス 六本木ヒルズ) シャツ2万9000円/アスペジ(トヨダトレーディング プレスルーム) パンツ1万9000円/ヤヌーク(カイタックインターナショナル)</figcaption>

【Technique 1】ベルトをコーディネートの主役にする

ついつい何にでも合う無難なベルトを選んでしまいがちだが、腰回りが目立つ夏こそ、主役級の存在感をもつベルトを取り入れてみよう。スタッズ入りのものやウエスタンベルトなどが定番だが、目新しいところとしては“ネイティブ調”のベルトがおすすめ。昨今トレンドのミリタリーパンツやワイドチノなど、武骨な雰囲気のパンツと非常によくマッチする。ヴィンテージテイストなデニムにもベストマッチで、意外と汎用性が高いのもポイントだ。

ベルト1万2000円/メゾン ガウチョ(ビームス 六本木ヒルズ) シャツ2万9000円/アスペジ(トヨダトレーディング プレスルーム) パンツ1万9000円/ヤヌーク(カイタックインターナショナル)

<p><strong>【Technique 2】袖まくり+ネイティブアクセサリー</strong><br />
長袖シャツを袖まくりして大人っぽく着こなすのは夏の鉄板テクニックだが、そこにネイティブアクセサリーをプラスするとさらにヒネリが効く。チェック柄などシャツ自体に主張があるものよりは、こちらの白無地のようにシンプルなシャツと合わせたほうが効果的だ。慣れてくるとつい重ねづけしたくなるが、やりすぎは禁物。<figcaption>バングル2万5000円/アダワット トゥアレグ(アダワット トゥアレグ) シャツ2万8000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー) パンツ2万3600円/セラー ドアー(シップス 銀座店)</figcaption>

【Technique 2】袖まくり+ネイティブアクセサリー
長袖シャツを袖まくりして大人っぽく着こなすのは夏の鉄板テクニックだが、そこにネイティブアクセサリーをプラスするとさらにヒネリが効く。チェック柄などシャツ自体に主張があるものよりは、こちらの白無地のようにシンプルなシャツと合わせたほうが効果的だ。慣れてくるとつい重ねづけしたくなるが、やりすぎは禁物。

バングル2万5000円/アダワット トゥアレグ(アダワット トゥアレグ) シャツ2万8000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー) パンツ2万3600円/セラー ドアー(シップス 銀座店)

<p><strong>【Technique 3】ネッカチーフを首元に</strong><br />
首元にネッカチーフをプラスしてアクセントをプラスするのも効果的。このとき注意したいのが結び方で、女性物のスカーフのようにふんわりと巻かないこと。ネッカチーフの主張が強すぎてキザに見えてしまうからだ。細めに折りたたんでシンプルに結び、ネッカチーフの先はシャツの下に入れるのがおすすめ。また、普通のシャツよりバンドカラーやオープンカラーなど、カジュアルな襟型のものと相性がよい。<figcaption>ネッカチーフ 2800円/ペンドルトン(エイアンドエフ) シャツ4万3000円/ザ・ジジ(シップス 銀座店)</figcaption>

【Technique 3】ネッカチーフを首元に
首元にネッカチーフをプラスしてアクセントをプラスするのも効果的。このとき注意したいのが結び方で、女性物のスカーフのようにふんわりと巻かないこと。ネッカチーフの主張が強すぎてキザに見えてしまうからだ。細めに折りたたんでシンプルに結び、ネッカチーフの先はシャツの下に入れるのがおすすめ。また、普通のシャツよりバンドカラーやオープンカラーなど、カジュアルな襟型のものと相性がよい。

ネッカチーフ 2800円/ペンドルトン(エイアンドエフ) シャツ4万3000円/ザ・ジジ(シップス 銀座店)

<p><strong>【Technique 4】シャツの下にTシャツをIN</strong><br />
ひと昔前まで、大人のスタイルとしてはタブーだったシャツ×Tシャツの装いが、最近はお洒落とみなされるようになってきた。ただし、背ダーツの入ったスリムフィットシャツとは合わないので、リラックスしたシルエットのものやデニムシャツのようなラギッド系と合わせるのが得策。また、TシャツはVネック以外がベターで、比較的首元が詰まったものを選ぶのが今の主流だ。<figcaption>シャツ2万6000円/キャプテン サンシャイン(シップス 銀座店) Tシャツ3万7000円/カナーリ(コロネット) パンツ3万円/セラー ドアー(アントリム)</figcaption>

【Technique 4】シャツの下にTシャツをIN
ひと昔前まで、大人のスタイルとしてはタブーだったシャツ×Tシャツの装いが、最近はお洒落とみなされるようになってきた。ただし、背ダーツの入ったスリムフィットシャツとは合わないので、リラックスしたシルエットのものやデニムシャツのようなラギッド系と合わせるのが得策。また、TシャツはVネック以外がベターで、比較的首元が詰まったものを選ぶのが今の主流だ。

シャツ2万6000円/キャプテン サンシャイン(シップス 銀座店) Tシャツ3万7000円/カナーリ(コロネット) パンツ3万円/セラー ドアー(アントリム)

<p><strong>【Technique 5】ポップな腕時計を手元のハズシに</strong></p>
<p>本格機械式時計を愛用の方も、ときにはポップな時計に替えてみると新鮮。手元にヌケ感が生まれて、程よいハズシになるはずだ。ただし、あまりフェイスの大きなものは子どもっぽく見えてしまいかねないので、シンプルな文字盤で小さめのものがおすすめ。<figcaption>時計7500円/スウォッチ(スウォッチ コール) シャツ2万8000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー) パンツ2万3600円/セラー ドアー(シップス 銀座店)</figcaption>

【Technique 5】ポップな腕時計を手元のハズシに

本格機械式時計を愛用の方も、ときにはポップな時計に替えてみると新鮮。手元にヌケ感が生まれて、程よいハズシになるはずだ。ただし、あまりフェイスの大きなものは子どもっぽく見えてしまいかねないので、シンプルな文字盤で小さめのものがおすすめ。

時計7500円/スウォッチ(スウォッチ コール) シャツ2万8000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー) パンツ2万3600円/セラー ドアー(シップス 銀座店)

いたずらにシャツやパンツを何枚も買い足すよりも、“効く”小物をプラスしたほうが装いのバリエーションが広がるケースも多い。さりげない洒落心を発揮するテクニックを身につければ、夏スタイルがより好印象になるはずだ。


掲載商品のお問い合わせ先

アダワット トゥアレグ TEL:050-5218-3859

アントリム TEL:03-5466-1662

エイアンドエフ TEL:03-3209-7575

カイタックインターナショナル TEL:03-5722-3684

コロネット TEL:03-5216-6521

シップス 銀座店 TEL:03-3564-5547

スウォッチ コール TEL:0570-004-009

トヨダトレーディング プレスルーム TEL:03-5350-5567

ビームス 六本木ヒルズ TEL:03-5775-1623

リーミルズ エージェンシー TEL:03-5784-1238

誰でも簡単にお洒落になれる!「Style Up Trial」の関連記事はコチラ: Style Up Trial

撮影/若林武志 スタイリング/宮崎 司(COCE) 構成・文/小曽根広光

<p><strong>【Technique 1】ベルトをコーディネートの主役にする</strong></p>
<p>ついつい何にでも合う無難なベルトを選んでしまいがちだが、腰回りが目立つ夏こそ、主役級の存在感をもつベルトを取り入れてみよう。スタッズ入りのものやウエスタンベルトなどが定番だが、目新しいところとしては“ネイティブ調”のベルトがおすすめ。昨今トレンドのミリタリーパンツやワイドチノなど、武骨な雰囲気のパンツと非常によくマッチする。ヴィンテージテイストなデニムにもベストマッチで、意外と汎用性が高いのもポイントだ。<figcaption>ベルト1万2000円/メゾン ガウチョ(ビームス 六本木ヒルズ) シャツ2万9000円/アスペジ(トヨダトレーディング プレスルーム) パンツ1万9000円/ヤヌーク(カイタックインターナショナル)</figcaption>

【Technique 1】ベルトをコーディネートの主役にする

ついつい何にでも合う無難なベルトを選んでしまいがちだが、腰回りが目立つ夏こそ、主役級の存在感をもつベルトを取り入れてみよう。スタッズ入りのものやウエスタンベルトなどが定番だが、目新しいところとしては“ネイティブ調”のベルトがおすすめ。昨今トレンドのミリタリーパンツやワイドチノなど、武骨な雰囲気のパンツと非常によくマッチする。ヴィンテージテイストなデニムにもベストマッチで、意外と汎用性が高いのもポイントだ。

ベルト1万2000円/メゾン ガウチョ(ビームス 六本木ヒルズ) シャツ2万9000円/アスペジ(トヨダトレーディング プレスルーム) パンツ1万9000円/ヤヌーク(カイタックインターナショナル)

<p><strong>【Technique 2】袖まくり+ネイティブアクセサリー</strong><br />
長袖シャツを袖まくりして大人っぽく着こなすのは夏の鉄板テクニックだが、そこにネイティブアクセサリーをプラスするとさらにヒネリが効く。チェック柄などシャツ自体に主張があるものよりは、こちらの白無地のようにシンプルなシャツと合わせたほうが効果的だ。慣れてくるとつい重ねづけしたくなるが、やりすぎは禁物。<figcaption>バングル2万5000円/アダワット トゥアレグ(アダワット トゥアレグ) シャツ2万8000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー) パンツ2万3600円/セラー ドアー(シップス 銀座店)</figcaption>

【Technique 2】袖まくり+ネイティブアクセサリー
長袖シャツを袖まくりして大人っぽく着こなすのは夏の鉄板テクニックだが、そこにネイティブアクセサリーをプラスするとさらにヒネリが効く。チェック柄などシャツ自体に主張があるものよりは、こちらの白無地のようにシンプルなシャツと合わせたほうが効果的だ。慣れてくるとつい重ねづけしたくなるが、やりすぎは禁物。

バングル2万5000円/アダワット トゥアレグ(アダワット トゥアレグ) シャツ2万8000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー) パンツ2万3600円/セラー ドアー(シップス 銀座店)

<p><strong>【Technique 3】ネッカチーフを首元に</strong><br />
首元にネッカチーフをプラスしてアクセントをプラスするのも効果的。このとき注意したいのが結び方で、女性物のスカーフのようにふんわりと巻かないこと。ネッカチーフの主張が強すぎてキザに見えてしまうからだ。細めに折りたたんでシンプルに結び、ネッカチーフの先はシャツの下に入れるのがおすすめ。また、普通のシャツよりバンドカラーやオープンカラーなど、カジュアルな襟型のものと相性がよい。<figcaption>ネッカチーフ 2800円/ペンドルトン(エイアンドエフ) シャツ4万3000円/ザ・ジジ(シップス 銀座店)</figcaption>

【Technique 3】ネッカチーフを首元に
首元にネッカチーフをプラスしてアクセントをプラスするのも効果的。このとき注意したいのが結び方で、女性物のスカーフのようにふんわりと巻かないこと。ネッカチーフの主張が強すぎてキザに見えてしまうからだ。細めに折りたたんでシンプルに結び、ネッカチーフの先はシャツの下に入れるのがおすすめ。また、普通のシャツよりバンドカラーやオープンカラーなど、カジュアルな襟型のものと相性がよい。

ネッカチーフ 2800円/ペンドルトン(エイアンドエフ) シャツ4万3000円/ザ・ジジ(シップス 銀座店)

<p><strong>【Technique 4】シャツの下にTシャツをIN</strong><br />
ひと昔前まで、大人のスタイルとしてはタブーだったシャツ×Tシャツの装いが、最近はお洒落とみなされるようになってきた。ただし、背ダーツの入ったスリムフィットシャツとは合わないので、リラックスしたシルエットのものやデニムシャツのようなラギッド系と合わせるのが得策。また、TシャツはVネック以外がベターで、比較的首元が詰まったものを選ぶのが今の主流だ。<figcaption>シャツ2万6000円/キャプテン サンシャイン(シップス 銀座店) Tシャツ3万7000円/カナーリ(コロネット) パンツ3万円/セラー ドアー(アントリム)</figcaption>

【Technique 4】シャツの下にTシャツをIN
ひと昔前まで、大人のスタイルとしてはタブーだったシャツ×Tシャツの装いが、最近はお洒落とみなされるようになってきた。ただし、背ダーツの入ったスリムフィットシャツとは合わないので、リラックスしたシルエットのものやデニムシャツのようなラギッド系と合わせるのが得策。また、TシャツはVネック以外がベターで、比較的首元が詰まったものを選ぶのが今の主流だ。

シャツ2万6000円/キャプテン サンシャイン(シップス 銀座店) Tシャツ3万7000円/カナーリ(コロネット) パンツ3万円/セラー ドアー(アントリム)

<p><strong>【Technique 5】ポップな腕時計を手元のハズシに</strong></p>
<p>本格機械式時計を愛用の方も、ときにはポップな時計に替えてみると新鮮。手元にヌケ感が生まれて、程よいハズシになるはずだ。ただし、あまりフェイスの大きなものは子どもっぽく見えてしまいかねないので、シンプルな文字盤で小さめのものがおすすめ。<figcaption>時計7500円/スウォッチ(スウォッチ コール) シャツ2万8000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー) パンツ2万3600円/セラー ドアー(シップス 銀座店)</figcaption>

【Technique 5】ポップな腕時計を手元のハズシに

本格機械式時計を愛用の方も、ときにはポップな時計に替えてみると新鮮。手元にヌケ感が生まれて、程よいハズシになるはずだ。ただし、あまりフェイスの大きなものは子どもっぽく見えてしまいかねないので、シンプルな文字盤で小さめのものがおすすめ。

時計7500円/スウォッチ(スウォッチ コール) シャツ2万8000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー) パンツ2万3600円/セラー ドアー(シップス 銀座店)

  1. 2
LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop