これが化繊に見えますか?「トライアーノ」の超伸縮セットアップが凄い!

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加
トライアーノ
ポロシャツ2万6000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー) 時計79万5000円/ IWC(IWC) 鞄11万円/イル ミーチョ(トレメッツォ)

──汗かいたっていいじゃないか。洗えるんだもの
TRAIANO / トライアーノ

あ〜あ、こんなに汗かいちゃったよ、この間スーツをクリーニングに出したばかりなのに。仕方ない、霧吹きして陰干ししておこう……そんなひと昔前がまるで嘘のようだ。

洗えるスーツを知って以来、スーツに遠慮しながら外を歩くことがなくなった。とりわけ、このトライアーノはかなりお気に入りでヘビーローテーションしている。ミラノのブランドだけあって、一見ウォッシャブルとは思えないほどきちんとした見た目だからだ。そのうえ、まるでスポーツウェアのように伸びるので、猛暑の不快さを革命的に和らげてくれる。

今日も地獄のように蒸し暑い。でも、“スーツは洗えばいいや”と思えるだけで、ずいぶんと気持ちがラクになるものだ。

関連記事: 着たまま山にも登れる!?「トライアーノ」のセットアップの魅力とは?

“いかにも化繊”に見えない本格感が魅力

“いかにも化繊”に見えない本格感が魅力

2016年創業のミラノブランド。テクニカルファブリックを活用した高機能スーツ作りで今、脚光を浴びている。こちらはナイロン×ポリウレタン素材で、ジャージーのような伸縮性とウォッシャブルを実現。それでいて、一見ウールに見えるほどのきちんと感も両立している。ジャケット7万8000円、パンツ3万5000円(以上エンメ)




※表示価格は税抜き
[MEN’S EX 2020年6・7月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)


関連記事一覧: 「超快適ジャケット&パンツ」傑作編

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Dec. VOL.328

12

[DIGITAL Edition]

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop