着たまま山にも登れる!?「トライアーノ」のセットアップの魅力とは?

array(6) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1144402) ["id"]=> int(1144402) ["title"]=> string(25) "c_fashion_200331_suits_06" ["filename"]=> string(31) "c_fashion_200331_suits_06-2.jpg" ["filesize"]=> int(133126) ["url"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200331_suits_06-2.jpg" ["link"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/archives/1143895/c_fashion_200331_suits_06-3" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "25" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(27) "c_fashion_200331_suits_06-3" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1143895) ["date"]=> string(19) "2020-03-18 09:20:01" ["modified"]=> string(19) "2020-03-18 09:20:01" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200331_suits_06-2-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200331_suits_06-2-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200331_suits_06-2.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200331_suits_06-2.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(923) "

STRASBURGO / ストラスブルゴ
いつものスーツスタイルが新しい着心地で楽しめます。
「生地メーカーをバックグラウンドに持ち、開発される生地クオリティの高さが魅力です。特にウール見えする転写プリント技術はさすが。オーソドックスにスーツとして着用し、新鮮な着心地を堪能してほしい」(メンズバイヤー 時松祥吾さん)
右:ジャケット7万8000円、パンツ3万5000円/以上トライアーノ、ニット3万9000円/ クルチアーニ 左:ジャケット7万8000円、パンツ3万5000円/以上トライアーノ、シャツ2万7000円/サルヴァトーレピッコロ、タイ1万5000円/アット ヴァンヌッチ(以上ストラスブルゴ)

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1144309) ["id"]=> int(1144309) ["title"]=> string(25) "c_fashion_200331_suits_07" ["filename"]=> string(29) "c_fashion_200331_suits_07.jpg" ["filesize"]=> int(158308) ["url"]=> string(82) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200331_suits_07.jpg" ["link"]=> string(65) "https://www.mens-ex.jp/archives/1143895/c_fashion_200331_suits_07" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "25" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(25) "c_fashion_200331_suits_07" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1143895) ["date"]=> string(19) "2020-03-17 15:40:37" ["modified"]=> string(19) "2020-03-17 15:40:37" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200331_suits_07-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200331_suits_07-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(82) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200331_suits_07.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(82) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200331_suits_07.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(253) "

STRASBURGO / ストラスブルゴ
ファンクショナルな生地ながら、表面の風合いは上品で、近くに寄ってもなおウール的な風合いを演出する。

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1144397) ["id"]=> int(1144397) ["title"]=> string(25) "c_fashion_200331_suits_08" ["filename"]=> string(31) "c_fashion_200331_suits_08-1.jpg" ["filesize"]=> int(249664) ["url"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200331_suits_08-1.jpg" ["link"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/archives/1143895/c_fashion_200331_suits_08-2" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "25" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(27) "c_fashion_200331_suits_08-2" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1143895) ["date"]=> string(19) "2020-03-18 09:12:31" ["modified"]=> string(19) "2020-03-18 09:12:31" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200331_suits_08-1-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200331_suits_08-1-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200331_suits_08-1.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200331_suits_08-1.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(590) "

ÉDIFICE / エディフィス
従来のスーツでは表現しきれないような今の時代感を捉えたビジネスウェア。
「クラシックな見え方の生地なのにストレッチ性がかなりあり、見た目と着心地のギャップが凄いです。タイドアップや革靴合わせなどあえてクラシックにまとめるのも◎」(バイヤー 愛宕勝彦さん)
ジャケット7万8000円(エディフィス 丸の内)

" } [3]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1144311) ["id"]=> int(1144311) ["title"]=> string(25) "c_fashion_200331_suits_11" ["filename"]=> string(29) "c_fashion_200331_suits_11.jpg" ["filesize"]=> int(91388) ["url"]=> string(82) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200331_suits_11.jpg" ["link"]=> string(65) "https://www.mens-ex.jp/archives/1143895/c_fashion_200331_suits_11" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "25" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(25) "c_fashion_200331_suits_11" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1143895) ["date"]=> string(19) "2020-03-17 15:41:21" ["modified"]=> string(19) "2020-03-17 15:41:21" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200331_suits_11-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200331_suits_11-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(82) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200331_suits_11.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(82) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200331_suits_11.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(377) "

ÉDIFICE / エディフィス
ちなみにシャツも!
ストレッチ性十分な着心地で、各ショップからのシャツへの支持も高い。無地も柄もバリエ豊富だ。
シャツ各2万7000円(以上エディフィス 丸の内)

" } [4]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1144398) ["id"]=> int(1144398) ["title"]=> string(25) "c_fashion_200331_suits_09" ["filename"]=> string(29) "c_fashion_200331_suits_09.jpg" ["filesize"]=> int(181224) ["url"]=> string(82) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200331_suits_09.jpg" ["link"]=> string(65) "https://www.mens-ex.jp/archives/1143895/c_fashion_200331_suits_09" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "25" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(25) "c_fashion_200331_suits_09" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1143895) ["date"]=> string(19) "2020-03-18 09:12:49" ["modified"]=> string(19) "2020-03-18 09:12:49" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200331_suits_09-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200331_suits_09-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(82) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200331_suits_09.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(82) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200331_suits_09.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(757) "

INTERNATIONAL GALLERY BEAMS / インターナショナルギャラリー ビームス
精巧なプリントなどモノ作りをイタリアでしっかりと行っているのも魅力的。
「クラシックな客層も多いと思うが、ブラックを選ぶことでモードっぽくも着られるようにしています。スポーツライクに着ても◎。インナーは丸首のTシャツやニットで、ネッカチーフなどを巻くと都会的ですね」(バイヤー 関根陽介さん)
ジャケット7万8000円、パンツ3万5000円(以上インターナショナルギャラリー ビームス)

" } [5]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1144399) ["id"]=> int(1144399) ["title"]=> string(25) "c_fashion_200331_suits_10" ["filename"]=> string(29) "c_fashion_200331_suits_10.jpg" ["filesize"]=> int(318901) ["url"]=> string(82) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200331_suits_10.jpg" ["link"]=> string(65) "https://www.mens-ex.jp/archives/1143895/c_fashion_200331_suits_10" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "25" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(25) "c_fashion_200331_suits_10" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1143895) ["date"]=> string(19) "2020-03-18 09:13:05" ["modified"]=> string(19) "2020-03-18 09:13:05" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200331_suits_10-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200331_suits_10-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(82) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200331_suits_10.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(82) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200331_suits_10.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(764) "

ISETAN SHINJUKU / イセタン シンジュク
これからのビジネスマンの主役になり得るブランドですね。
「お客様の趣向の中で『機能性』や『快適』といった軸が重要になってきています。その中でトライアーノはビジネスシーンにしっかり対応できるまじめさがありながら機能性に富んでおり、その両方のレベルが非常に高いですね。シルエットもスリムでモダンな印象」(テーラードクロージングバイヤー 稲葉智大さん)
ジャケット7万8000円、パンツ3万5000円(以上伊勢丹新宿店)

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加

次世代は“いつでも”スーツ

脱スーツが叫ばれる中、逆にスーツを普通は着ない場所にスーツで挑む男がいた。名峰モンブランを、スーツで登頂したのは伊ブランド「トライアーノ」のディレクターフィリッポ・コルナギ氏。伝えたかったのは新時代のスーツの可能性だ。

トライアーノ


スーツ離れが加速するのは「快適じゃない」からだ、と語るのは、今注目を集めるイタリアンブランド、トライアーノのディレクターであるフィリッポ氏だ。

「今私たちは皆心地よさを求めています。ですが必ずしもスーツが堅苦しいわけでもない。快適かつアクティブ、そしてなおエレガントでいられる、そんなスーツがあるべきだと作りました」。

トライアーノ


フィリッポ氏の母親がイタリアでテクニカルファブリックの工場を経営し、世界的ヨガブランドやスポーツブランドへの生地提供を行っている。現在トライアーノは同工場とタッグを組み、ウールに見える転写プリント技術や縦横斜め方向に延びるストレッチなど、ハイテク素材を用いた新型スーツを発信しているのだ。

「この良さを伝えるべく考えた結果、これを着用してモンブランを登ることに。キリマンジャロとマッターホルンも登頂しました。ここまでできるスーツがある、と示したかったんです」

トライアーノ


フィリッポ・コルナギさん

フィリッポ・コルナギ
Filippo Colnaghiさん

1990年生まれ。米国で大学を卒業後伊にもどり服飾関係の会社で経験を積み、2016年、「トライアーノ」を設立。山登り、アクロバット飛行、車など実に多趣味。


トライアーノ

チェックの生地を伸ばしても地の色が見えてこない。見た目のフォーマルさを上質にする細部への考慮が秀逸。生地も製品もモノ作りはメイド・イン・イタリーだ。


SHOPバイヤー陣はここに注目!

ここでは今年の春から新しくトライアーノを取り扱う4つのショップに取材。脱スーツの時代にあえての新ブランド投入の意図とは? 各ショップのバイヤー目線でトライアーノの魅力に迫る。



※表示価格は税抜き
[MEN’S EX 2020年4月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
<p><span style=STRASBURGO / ストラスブルゴ
いつものスーツスタイルが新しい着心地で楽しめます。

「生地メーカーをバックグラウンドに持ち、開発される生地クオリティの高さが魅力です。特にウール見えする転写プリント技術はさすが。オーソドックスにスーツとして着用し、新鮮な着心地を堪能してほしい」(メンズバイヤー 時松祥吾さん)
右:ジャケット7万8000円、パンツ3万5000円/以上トライアーノ、ニット3万9000円/ クルチアーニ 左:ジャケット7万8000円、パンツ3万5000円/以上トライアーノ、シャツ2万7000円/サルヴァトーレピッコロ、タイ1万5000円/アット ヴァンヌッチ(以上ストラスブルゴ)

">

STRASBURGO / ストラスブルゴ
いつものスーツスタイルが新しい着心地で楽しめます。
「生地メーカーをバックグラウンドに持ち、開発される生地クオリティの高さが魅力です。特にウール見えする転写プリント技術はさすが。オーソドックスにスーツとして着用し、新鮮な着心地を堪能してほしい」(メンズバイヤー 時松祥吾さん)
右:ジャケット7万8000円、パンツ3万5000円/以上トライアーノ、ニット3万9000円/ クルチアーニ 左:ジャケット7万8000円、パンツ3万5000円/以上トライアーノ、シャツ2万7000円/サルヴァトーレピッコロ、タイ1万5000円/アット ヴァンヌッチ(以上ストラスブルゴ)

<p><span style=STRASBURGO / ストラスブルゴ
ファンクショナルな生地ながら、表面の風合いは上品で、近くに寄ってもなおウール的な風合いを演出する。

">

STRASBURGO / ストラスブルゴ
ファンクショナルな生地ながら、表面の風合いは上品で、近くに寄ってもなおウール的な風合いを演出する。

<p><span style=ÉDIFICE / エディフィス
従来のスーツでは表現しきれないような今の時代感を捉えたビジネスウェア。

「クラシックな見え方の生地なのにストレッチ性がかなりあり、見た目と着心地のギャップが凄いです。タイドアップや革靴合わせなどあえてクラシックにまとめるのも◎」(バイヤー 愛宕勝彦さん)
ジャケット7万8000円(エディフィス 丸の内)

">

ÉDIFICE / エディフィス
従来のスーツでは表現しきれないような今の時代感を捉えたビジネスウェア。
「クラシックな見え方の生地なのにストレッチ性がかなりあり、見た目と着心地のギャップが凄いです。タイドアップや革靴合わせなどあえてクラシックにまとめるのも◎」(バイヤー 愛宕勝彦さん)
ジャケット7万8000円(エディフィス 丸の内)

<p><span style=ÉDIFICE / エディフィス
ちなみにシャツも!

ストレッチ性十分な着心地で、各ショップからのシャツへの支持も高い。無地も柄もバリエ豊富だ。
シャツ各2万7000円(以上エディフィス 丸の内)

">

ÉDIFICE / エディフィス
ちなみにシャツも!
ストレッチ性十分な着心地で、各ショップからのシャツへの支持も高い。無地も柄もバリエ豊富だ。
シャツ各2万7000円(以上エディフィス 丸の内)

<p><span style=INTERNATIONAL GALLERY BEAMS / インターナショナルギャラリー ビームス
精巧なプリントなどモノ作りをイタリアでしっかりと行っているのも魅力的。

「クラシックな客層も多いと思うが、ブラックを選ぶことでモードっぽくも着られるようにしています。スポーツライクに着ても◎。インナーは丸首のTシャツやニットで、ネッカチーフなどを巻くと都会的ですね」(バイヤー 関根陽介さん)
ジャケット7万8000円、パンツ3万5000円(以上インターナショナルギャラリー ビームス)

">

INTERNATIONAL GALLERY BEAMS / インターナショナルギャラリー ビームス
精巧なプリントなどモノ作りをイタリアでしっかりと行っているのも魅力的。
「クラシックな客層も多いと思うが、ブラックを選ぶことでモードっぽくも着られるようにしています。スポーツライクに着ても◎。インナーは丸首のTシャツやニットで、ネッカチーフなどを巻くと都会的ですね」(バイヤー 関根陽介さん)
ジャケット7万8000円、パンツ3万5000円(以上インターナショナルギャラリー ビームス)

<p><span style=ISETAN SHINJUKU / イセタン シンジュク
これからのビジネスマンの主役になり得るブランドですね。

「お客様の趣向の中で『機能性』や『快適』といった軸が重要になってきています。その中でトライアーノはビジネスシーンにしっかり対応できるまじめさがありながら機能性に富んでおり、その両方のレベルが非常に高いですね。シルエットもスリムでモダンな印象」(テーラードクロージングバイヤー 稲葉智大さん)
ジャケット7万8000円、パンツ3万5000円(以上伊勢丹新宿店)

">

ISETAN SHINJUKU / イセタン シンジュク
これからのビジネスマンの主役になり得るブランドですね。
「お客様の趣向の中で『機能性』や『快適』といった軸が重要になってきています。その中でトライアーノはビジネスシーンにしっかり対応できるまじめさがありながら機能性に富んでおり、その両方のレベルが非常に高いですね。シルエットもスリムでモダンな印象」(テーラードクロージングバイヤー 稲葉智大さん)
ジャケット7万8000円、パンツ3万5000円(以上伊勢丹新宿店)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Dec. VOL.317

12

  1. 1
LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop