>> この記事の先頭に戻る

焦がし玉ねぎとクレソンとブルーチーズのサラダ

材料(2人分)
・玉ねぎ 1個
・オリーブオイル大さじ 2
・クレソン 40g
・松の実大さじ1
・塩レモン ティースプーン2(塩レモンはレモンの塩漬けのことで市販品が売られている)
・はちみつ ティースプーン2
・ブルーチーズ 10g

こちらは玉ねぎの甘みを存分に引き出したひと品。皮付きのまま黒焦げになるまで焼く手軽さもある。玉ねぎの表面が真っ黒になっても、水分によって中が焦げる心配はないそうだ。

・玉ねぎ1個を皮はむかずに丸ごと炭火の上で、1時間程度焼きます。

・転がしながら焼いて、焼きムラができないように注意しましょう。丸焼きにすることで、玉ねぎの甘さがさらに引き出されるのが、この料理のポイントです。

焦がし玉ねぎとクレソンとブルーチーズのサラダ

・付け合わせ。具材は、オリーブオイル大さじ2、クレソン40g、松の実大さじ1、塩レモン ティースプーン2、はちみつティースプーン2、ブルーチーズ10g。これらを混ぜ合わせる。

・玉ねぎが焼けたら上下に2等分する。

・断面を上にした玉ねぎの上に付け合わせを乗せれば完成。

・今回、石松シェフは、フランスのロックフォールのブルーチーズや、自家製の塩レモンを用意していた。「食材にも工夫を凝らすと、会話を盛り上げるきかっけにもなるので、興味のある方は食材探しから楽しんでほしいですね」。



※表示価格は税抜き
[MEN’S EX 2020年5月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
  1. 2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop