「昭和のスキーに連れてって!?」懐かしのあの頃を回想

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

>> この記事の先頭に戻る

綿谷 寛 画伯運転中かける音楽をカセットに録音しておいてさ。女の子と行くときは、ここでこの曲がかかると雰囲気いいぞって(笑)


橋本慎司 橋本でた、カセット! 曲は何を聞いていたんですか?


綿谷 寛 画伯やっぱユーミンか達郎かな。恋したくなる曲だよね、主に。そもそもゲレンデ自体が恋を探しに行く場所だったりしたし。


橋本慎司 橋本そんなに恋生まれます!?


綿谷 寛 画伯今みたいに日帰りはできないから、ペンションとかでみんなで泊まるんだよ。そうするとほら、いろいろあるじゃない(笑)。それにゲレンデの近くにはディスコも多かったし。スキーや踊りが上手いヤツは凄いモテてさ。お洒落なウェアがでてきたのもその頃。


橋本慎司 橋本今見ると肩が大きくてガンダムみたいですけれど……。


綿谷 寛 画伯あとはゲレンデでは仲間内でトランシーバーで連絡とって盛り上がったり。


橋本慎司 橋本ライングループみたい(笑)。


綿谷 寛 画伯今思うと、豊かさや活気に満ちた時代だったなぁ。


橋本慎司 橋本ちなみに画伯の恋の方は?


綿谷 寛 画伯オレ? 全然ダメ! だってあまり滑れなかったから(笑)。


    話したのはこの2人


    橋本慎司橋本慎司(MEN’S EX編集部)
    昭和に憧れる平成元年生まれ。画伯の連載を担当し昭和文化を画伯からよく教わる。沖縄出身で雪を見ると喜ぶ。


    綿谷 寛綿谷 寛(イラストレーター)
    バブル時代に20代を過ごし、当時のレジャーブームの熱気を肌で知る。昭和時代の文化や風俗にも造詣が深い。




※表示価格は税抜き
[MEN’S EX 2020年3月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)


2024

VOL.341

Spring

  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop