2019年「スーツの自由化」を振り返る

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

スーツ=Not only ビジネス

LOUIS GABRIEL NOUCHI/ルイ ガブリエル ヌイッチ

スーツの自由化
ジャケット9万1500円、パンツ6万5500円/以上ルイ ガブリエル ヌイッチ(インターナショナルギャラリー ビームス)カットソー2万円/グランサッソ、靴4万6000円/トリッカーズ(以上ビームス 六本木ヒルズ)

遂に迎えたスーツの自由化

仕事に臨むとき、冠婚葬祭に出席するとき、あるいはドレスコードを定められて。これまでスーツという服は、“着なければならない場面”で着るものであった。しかし装いの多様化・略式化が進むにつれて、スーツを着な くてもいい場面は年々増えている。これはビジネススタイルのカジュアル化も進めたが、一方で嗜好品としてのスーツが進化するという結果にも繋がった。目的に縛られないぶん、素材や色柄、シルエットのバリエーションもグッと広がり、さながらスーツの自由化というべき様相を呈している。リラックスしていても知性と品位が漂うスーツという服は、休日服に悩む大人の救世主にもなりえる。スーツは堅苦しいという概念は、もはや過去のものなのだ。

■Looking Back 2019

スーツの自由化
スーツの自由化

ビジネス以外でも“スーツが映えるシーン”を提案
こちらもバックナンバーより。本誌では今年、旅行やバー通いなどオフタイムでもスーツが映えるシーンを紹介してきた。大切なひとときだからこそ気分を盛り上げる服で臨みたい。スーツは、プライベートな時間をより特別に彩る装置なのだ。



※表示価格は税抜き
[MEN’S EX 2019年12月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Jun. & Jul. VOL.312

5

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
今月の読者プレゼント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop