ビームスに聞いた「2019秋・スーツの胸元1週間」最旬実例はコレ!

array(7) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1125959) ["id"]=> int(1125959) ["title"]=> string(22) "365v_191104_beams_pg01" ["filename"]=> string(26) "365v_191104_beams_pg01.jpg" ["filesize"]=> int(980612) ["url"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg01.jpg" ["link"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/archives/1125954/365v_191104_beams_pg01" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "16" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(22) "365v_191104_beams_pg01" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1125954) ["date"]=> string(19) "2019-11-08 11:44:56" ["modified"]=> string(19) "2019-11-08 11:44:56" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg01.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(132) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg01.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg01.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg01.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(733) "

モノトーンの胸元を、華やかに見せるには?

大安吉日の祝日、知人の結婚式の2次会へ――。そんな日のおすすめは、トレンドのモノトーンコーディネート。ここでは白のタブカラーシャツとグレーチェックスーツでまとめた中に、ランダムなドット柄ネクタイで華やかさをプラス。遊び心を忍ばせれば、モノトーンでもストイックになりすぎず、洒落感あふれる胸元になる。

スーツ10万円/ビームスF、シャツ2万2000円/ギ ローバー、ネクタイ1万3000円/ジョン コンフォート、チーフ2300円/ビームスF 

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1125960) ["id"]=> int(1125960) ["title"]=> string(22) "365v_191104_beams_pg02" ["filename"]=> string(26) "365v_191104_beams_pg02.jpg" ["filesize"]=> int(649408) ["url"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg02.jpg" ["link"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/archives/1125954/365v_191104_beams_pg02" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "16" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(22) "365v_191104_beams_pg02" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1125954) ["date"]=> string(19) "2019-11-08 11:45:03" ["modified"]=> string(19) "2019-11-08 11:45:03" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg02.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(132) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg02.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg02.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg02.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(690) "

「派手柄」2種類を自然にまとめるコツは?

チョークストライプの紺スーツで威厳をアピールしつつ、ペイズリー柄のネクタイでミドルエイジらしい渋さをプラス。一見、難易度高めな派手柄同士のコーディネートも、シャツを同系色の無地にすればよく馴染む。ここではサックスブルーの無地シャツで、スーツとネクタイをリンクさせた。

スーツ17万9000円/デ ペトリロ、シャツ2万4000円/ボリエッロ、ネクタイ1万6000円/フランコ バッシ、チーフ2300円/ビームスF 

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1125961) ["id"]=> int(1125961) ["title"]=> string(22) "365v_191104_beams_pg03" ["filename"]=> string(26) "365v_191104_beams_pg03.jpg" ["filesize"]=> int(1023156) ["url"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg03.jpg" ["link"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/archives/1125954/365v_191104_beams_pg03" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "16" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(22) "365v_191104_beams_pg03" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1125954) ["date"]=> string(19) "2019-11-08 11:45:22" ["modified"]=> string(19) "2019-11-08 11:45:22" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg03.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(132) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg03.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg03.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg03.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(952) "

お洒落に敏感な取引先を訪れる日は?

とびきり個性的なパープル系のコーディネートなら、会話が弾むはず。チェックスーツ、クレリックシャツ、ストライプネクタイと色柄を多用しているが、胸元の開きが狭いダブルスーツなので悪目立ちせず収まりがいい。色柄で冒険したいときは、ダブルスーツで試してみるののも手だ。また、スーツのペーン、シャツの地色、ネクタイのストライプすべてにパープル、ボルドー系の色のトーンが拾われていると、派手色でもきれいなまとまりになる。

スーツ13万円/ブリッラ ペル イル グスト、シャツ3万6000円/アヴィーノ ラボラトリオ ナポレターノ、ネクタイ1万4000円/AD & C、チーフ2300円/ビームスF

 

" } [3]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1125962) ["id"]=> int(1125962) ["title"]=> string(22) "365v_191104_beams_pg04" ["filename"]=> string(26) "365v_191104_beams_pg04.jpg" ["filesize"]=> int(696680) ["url"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg04.jpg" ["link"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/archives/1125954/365v_191104_beams_pg04" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "16" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(22) "365v_191104_beams_pg04" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1125954) ["date"]=> string(19) "2019-11-08 11:45:50" ["modified"]=> string(19) "2019-11-08 11:45:50" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg04.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(132) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg04.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg04.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg04.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(770) "

好印象な「ブルーグラデーション」の合わせ方

お堅い取引先にきちんと見せたいときは、迷わず、ベーシックな無地のネイビースーツで臨むべし。シャツはネイビー、ネクタイはサックスブルーと、胸元も同系色のブルー系でまとめれば好印象は容易に演出できる。シャツとネクタイはともにストライプ柄なので、幅の間隔をずらすと柄同士が喧嘩することなく収まりがいい。

スーツ11万円/ビームスF、シャツ2万6000円/マリア サンタンジェロ、ネクタイ1万3000円/ジョン コンフォート、チーフ2300円/ビームスF 
 

" } [4]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1125963) ["id"]=> int(1125963) ["title"]=> string(22) "365v_191104_beams_pg05" ["filename"]=> string(26) "365v_191104_beams_pg05.jpg" ["filesize"]=> int(531085) ["url"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg05.jpg" ["link"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/archives/1125954/365v_191104_beams_pg05" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "16" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(22) "365v_191104_beams_pg05" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1125954) ["date"]=> string(19) "2019-11-08 11:45:57" ["modified"]=> string(19) "2019-11-08 11:45:57" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg05.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(132) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg05.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg05.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg05.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(903) "

昼と夜、1着で見え方を変えるならどんなスーツ?

夜にパーティやレセプション、会食などが控えている日におすすめなのが、スリーピーススーツ。仕事中はベストなしで着用してシンプルに、パーティではベストを着込めば一気に華やぐ。ベストは襟付きのダブル仕様なら、よりドレッシーだ。ここではブラウンスーツと相性の良い、パープルのシャツとネクタイをコーディネート。ネクタイはヴィンテージ調の柄でトレンド感もプラスした。

スーツ15万円/ブリッラ ペル イル グスト、シャツ3万6000円/アヴィーノ ラボラトリオ ナポレターノ、ネクタイ1万6000円/ホリデー&ブラウン、チーフ2300円/ビームスF

 

" } [5]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1125964) ["id"]=> int(1125964) ["title"]=> string(22) "365v_191104_beams_pg06" ["filename"]=> string(26) "365v_191104_beams_pg06.jpg" ["filesize"]=> int(478194) ["url"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg06.jpg" ["link"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/archives/1125954/365v_191104_beams_pg06" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "16" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(22) "365v_191104_beams_pg06" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1125954) ["date"]=> string(19) "2019-11-08 11:46:05" ["modified"]=> string(19) "2019-11-08 11:46:05" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg06.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(132) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg06.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg06.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg06.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(589) "

休日ジャケットの鉄板スタイルってどんな合わせ?

上質なジャケットにニットポロを合わせれば、大人のリラックススタイルは簡単だ。こうした淡色ジャケットの場合、インナーのポロシャツを濃色にすると、カジュアルながらパリッと引き締まった印象に。ポロシャツのボタンを開けると、よりこなれた印象が加速する。

‹small>ジャケット10万5000円/ビームスF、ニットポロ2万3000円/ビームスF 

" } [6]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1125965) ["id"]=> int(1125965) ["title"]=> string(22) "365v_191104_beams_pg07" ["filename"]=> string(26) "365v_191104_beams_pg07.jpg" ["filesize"]=> int(937359) ["url"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg07.jpg" ["link"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/archives/1125954/365v_191104_beams_pg07" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "16" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(22) "365v_191104_beams_pg07" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1125954) ["date"]=> string(19) "2019-11-08 11:46:16" ["modified"]=> string(19) "2019-11-08 11:46:16" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg07.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(132) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg07.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg07.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191104_beams_pg07.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(705) "

休日ジャケット、お洒落なレストランで映える胸元は?

話題のレストランで食事する休日は、モノトーンのジャケットスタイルで今年らしさも演出。タートルニットの首元にスカーフを覗かせれば、かしこまったレストランでも一目置かれるコーディネートになる。上質なジャージー素材による仕立ての良いジャケットも、休日らしい寛ぎ感を演出する。

ジャケット6万3000円/チルコロ1901、ニット2万1000円/ビームスF、スカーフ1万2800円/ヴィンセンツォ ミオッツァ
 

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加

いよいよ寒さが増してきて、店頭に並ぶスーツやジャケットの素材感も暖かみのあるものが多くなってきた。

そこで、MEN’S EX ONLINEで毎日更新中の人気企画「365日Vゾーン/1分で出来るスーツのお洒落」は、この11月、人気セレクトショップいちおしの「スーツ&ジャケットの最旬胸元実例」を週替わりでお届けする。11月4日(月)~10日(日)は、ビームスのおすすめ胸元コーディネートが登場した。旬のモノトーンスーツから休日ニットを活用したノータイジャケットまで幅広いバリエーションでON・OFFの着こなしの参考になること間違いナシだ。次ページにて1週間分を続けてチェックすれば、来週のコーディネートが考えやすくなるかも!?

<p><strong>モノトーンの胸元を、華やかに見せるには?</strong></br></p>
<p>大安吉日の祝日、知人の結婚式の2次会へ――。そんな日のおすすめは、トレンドのモノトーンコーディネート。ここでは白のタブカラーシャツとグレーチェックスーツでまとめた中に、ランダムなドット柄ネクタイで華やかさをプラス。遊び心を忍ばせれば、モノトーンでもストイックになりすぎず、洒落感あふれる胸元になる。</p>
<p><small>スーツ10万円/ビームスF、シャツ2万2000円/ギ ローバー、ネクタイ1万3000円/ジョン コンフォート、チーフ2300円/ビームスF </br></p>

モノトーンの胸元を、華やかに見せるには?

大安吉日の祝日、知人の結婚式の2次会へ――。そんな日のおすすめは、トレンドのモノトーンコーディネート。ここでは白のタブカラーシャツとグレーチェックスーツでまとめた中に、ランダムなドット柄ネクタイで華やかさをプラス。遊び心を忍ばせれば、モノトーンでもストイックになりすぎず、洒落感あふれる胸元になる。

スーツ10万円/ビームスF、シャツ2万2000円/ギ ローバー、ネクタイ1万3000円/ジョン コンフォート、チーフ2300円/ビームスF 

<p><strong>「派手柄」2種類を自然にまとめるコツは?</strong></br></p>
<p>チョークストライプの紺スーツで威厳をアピールしつつ、ペイズリー柄のネクタイでミドルエイジらしい渋さをプラス。一見、難易度高めな派手柄同士のコーディネートも、シャツを同系色の無地にすればよく馴染む。ここではサックスブルーの無地シャツで、スーツとネクタイをリンクさせた。</p>
<p><small>スーツ17万9000円/デ ペトリロ、シャツ2万4000円/ボリエッロ、ネクタイ1万6000円/フランコ バッシ、チーフ2300円/ビームスF</small> </p>

「派手柄」2種類を自然にまとめるコツは?

チョークストライプの紺スーツで威厳をアピールしつつ、ペイズリー柄のネクタイでミドルエイジらしい渋さをプラス。一見、難易度高めな派手柄同士のコーディネートも、シャツを同系色の無地にすればよく馴染む。ここではサックスブルーの無地シャツで、スーツとネクタイをリンクさせた。

スーツ17万9000円/デ ペトリロ、シャツ2万4000円/ボリエッロ、ネクタイ1万6000円/フランコ バッシ、チーフ2300円/ビームスF 

<p><strong>お洒落に敏感な取引先を訪れる日は?<br />
</strong></br></p>
<p>とびきり個性的なパープル系のコーディネートなら、会話が弾むはず。チェックスーツ、クレリックシャツ、ストライプネクタイと色柄を多用しているが、胸元の開きが狭いダブルスーツなので悪目立ちせず収まりがいい。色柄で冒険したいときは、ダブルスーツで試してみるののも手だ。また、スーツのペーン、シャツの地色、ネクタイのストライプすべてにパープル、ボルドー系の色のトーンが拾われていると、派手色でもきれいなまとまりになる。</p>
<p><small>スーツ13万円/ブリッラ ペル イル グスト、シャツ3万6000円/アヴィーノ ラボラトリオ ナポレターノ、ネクタイ1万4000円/AD & C、チーフ2300円/ビームスF</p>
<p></small> </p>

お洒落に敏感な取引先を訪れる日は?

とびきり個性的なパープル系のコーディネートなら、会話が弾むはず。チェックスーツ、クレリックシャツ、ストライプネクタイと色柄を多用しているが、胸元の開きが狭いダブルスーツなので悪目立ちせず収まりがいい。色柄で冒険したいときは、ダブルスーツで試してみるののも手だ。また、スーツのペーン、シャツの地色、ネクタイのストライプすべてにパープル、ボルドー系の色のトーンが拾われていると、派手色でもきれいなまとまりになる。

スーツ13万円/ブリッラ ペル イル グスト、シャツ3万6000円/アヴィーノ ラボラトリオ ナポレターノ、ネクタイ1万4000円/AD & C、チーフ2300円/ビームスF

 

<p><strong>好印象な「ブルーグラデーション」の合わせ方<br />
</strong></br></p>
<p>お堅い取引先にきちんと見せたいときは、迷わず、ベーシックな無地のネイビースーツで臨むべし。シャツはネイビー、ネクタイはサックスブルーと、胸元も同系色のブルー系でまとめれば好印象は容易に演出できる。シャツとネクタイはともにストライプ柄なので、幅の間隔をずらすと柄同士が喧嘩することなく収まりがいい。</p>
<p><small>スーツ11万円/ビームスF、シャツ2万6000円/マリア サンタンジェロ、ネクタイ1万3000円/ジョン コンフォート、チーフ2300円/ビームスF <br />
</small> </p>

好印象な「ブルーグラデーション」の合わせ方

お堅い取引先にきちんと見せたいときは、迷わず、ベーシックな無地のネイビースーツで臨むべし。シャツはネイビー、ネクタイはサックスブルーと、胸元も同系色のブルー系でまとめれば好印象は容易に演出できる。シャツとネクタイはともにストライプ柄なので、幅の間隔をずらすと柄同士が喧嘩することなく収まりがいい。

スーツ11万円/ビームスF、シャツ2万6000円/マリア サンタンジェロ、ネクタイ1万3000円/ジョン コンフォート、チーフ2300円/ビームスF 
 

<p><strong>昼と夜、1着で見え方を変えるならどんなスーツ?<br />
</strong></br></p>
<p>夜にパーティやレセプション、会食などが控えている日におすすめなのが、スリーピーススーツ。仕事中はベストなしで着用してシンプルに、パーティではベストを着込めば一気に華やぐ。ベストは襟付きのダブル仕様なら、よりドレッシーだ。ここではブラウンスーツと相性の良い、パープルのシャツとネクタイをコーディネート。ネクタイはヴィンテージ調の柄でトレンド感もプラスした。</p>
<p><small>スーツ15万円/ブリッラ ペル イル グスト、シャツ3万6000円/アヴィーノ ラボラトリオ ナポレターノ、ネクタイ1万6000円/ホリデー&ブラウン、チーフ2300円/ビームスF</p>
<p></small> </p>

昼と夜、1着で見え方を変えるならどんなスーツ?

夜にパーティやレセプション、会食などが控えている日におすすめなのが、スリーピーススーツ。仕事中はベストなしで着用してシンプルに、パーティではベストを着込めば一気に華やぐ。ベストは襟付きのダブル仕様なら、よりドレッシーだ。ここではブラウンスーツと相性の良い、パープルのシャツとネクタイをコーディネート。ネクタイはヴィンテージ調の柄でトレンド感もプラスした。

スーツ15万円/ブリッラ ペル イル グスト、シャツ3万6000円/アヴィーノ ラボラトリオ ナポレターノ、ネクタイ1万6000円/ホリデー&ブラウン、チーフ2300円/ビームスF

 

<p><strong>休日ジャケットの鉄板スタイルってどんな合わせ?</strong></br></p>
<p>上質なジャケットにニットポロを合わせれば、大人のリラックススタイルは簡単だ。こうした淡色ジャケットの場合、インナーのポロシャツを濃色にすると、カジュアルながらパリッと引き締まった印象に。ポロシャツのボタンを開けると、よりこなれた印象が加速する。</p>
<p>‹small>ジャケット10万5000円/ビームスF、ニットポロ2万3000円/ビームスF</small> </p>

休日ジャケットの鉄板スタイルってどんな合わせ?

上質なジャケットにニットポロを合わせれば、大人のリラックススタイルは簡単だ。こうした淡色ジャケットの場合、インナーのポロシャツを濃色にすると、カジュアルながらパリッと引き締まった印象に。ポロシャツのボタンを開けると、よりこなれた印象が加速する。

‹small>ジャケット10万5000円/ビームスF、ニットポロ2万3000円/ビームスF 

<p><strong>休日ジャケット、お洒落なレストランで映える胸元は?<br />
</strong></br></p>
<p>話題のレストランで食事する休日は、モノトーンのジャケットスタイルで今年らしさも演出。タートルニットの首元にスカーフを覗かせれば、かしこまったレストランでも一目置かれるコーディネートになる。上質なジャージー素材による仕立ての良いジャケットも、休日らしい寛ぎ感を演出する。</p>
<p><small>ジャケット6万3000円/チルコロ1901、ニット2万1000円/ビームスF、スカーフ1万2800円/ヴィンセンツォ ミオッツァ<br />
</small> </p>

休日ジャケット、お洒落なレストランで映える胸元は?

話題のレストランで食事する休日は、モノトーンのジャケットスタイルで今年らしさも演出。タートルニットの首元にスカーフを覗かせれば、かしこまったレストランでも一目置かれるコーディネートになる。上質なジャージー素材による仕立ての良いジャケットも、休日らしい寛ぎ感を演出する。

ジャケット6万3000円/チルコロ1901、ニット2万1000円/ビームスF、スカーフ1万2800円/ヴィンセンツォ ミオッツァ
 

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Jun. VOL.322

6

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop