>> この記事の先頭に戻る

写真で解説、「オーバーラップ」の通し方

<p>まずはパラレルと同様、一番上の穴に上から靴紐を通す。後でアンバランスにならないよう、左右の長さが均等になるようにしておこう。</p>

まずはパラレルと同様、一番上の穴に上から靴紐を通す。後でアンバランスにならないよう、左右の長さが均等になるようにしておこう。

<p>次に、左側の紐を右ななめ下の穴に上から通す。</p>

次に、左側の紐を右ななめ下の穴に上から通す。

<p>その次は、右側の紐を左ななめ下の穴に上から通す。すると、靴紐がクロスするように通る形になっているはず。</p>

その次は、右側の紐を左ななめ下の穴に上から通す。すると、靴紐がクロスするように通る形になっているはず。

<p>同様に、靴紐が中央でクロスする形になるよう交互に通していく。</p>

同様に、靴紐が中央でクロスする形になるよう交互に通していく。

<p>一番下まできたら、穴の内側から靴紐を外に通して出せば完成。</p>

一番下まできたら、穴の内側から靴紐を外に通して出せば完成。

<p><strong>外羽根タイプなら、ほとんどの靴と相性よし</strong><br />ウエストンよりもドレッシーなUチップで実践してみたが、こちらも雰囲気よし。外羽根式の靴なら大抵はオーバーラップにしても違和感がなさそうだ。写真ではクリース入りのドレスコットンパンツに合わせてみた。パラレル状態よりもややカジュアルな雰囲気になり、独特なコントラストが効いている。</p>

外羽根タイプなら、ほとんどの靴と相性よし
ウエストンよりもドレッシーなUチップで実践してみたが、こちらも雰囲気よし。外羽根式の靴なら大抵はオーバーラップにしても違和感がなさそうだ。写真ではクリース入りのドレスコットンパンツに合わせてみた。パラレル状態よりもややカジュアルな雰囲気になり、独特なコントラストが効いている。

<p><strong>カントリー調の靴なら内羽根でも◎</strong><br />内羽根でも、こちらのようにカントリーテイストな靴ならオーバーラップがマッチ。大きめな穴飾りやグレインレザーのアッパーなど、もともと力強い顔つきの靴だったが、靴紐をオーバーラップにしたことでより印象的な表情に。今季トレンドのコーデュロイパンツとも好相性だ。ちなみに、ストレートチップやパンチドキャップなどフォーマル度の高い内羽根靴にはさすがにミスマッチ。目安としては、デニムに合わせて違和感のない靴であればオーバーラップに変えても問題なさそうだ。</p>

カントリー調の靴なら内羽根でも◎
内羽根でも、こちらのようにカントリーテイストな靴ならオーバーラップがマッチ。大きめな穴飾りやグレインレザーのアッパーなど、もともと力強い顔つきの靴だったが、靴紐をオーバーラップにしたことでより印象的な表情に。今季トレンドのコーデュロイパンツとも好相性だ。ちなみに、ストレートチップやパンチドキャップなどフォーマル度の高い内羽根靴にはさすがにミスマッチ。目安としては、デニムに合わせて違和感のない靴であればオーバーラップに変えても問題なさそうだ。

  1. 2
3

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
今月の読者プレゼント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop