今シンガポールで行くべきグルメスポット、泊まるべきホテルはどこ?

Facebook
Twitter
voice_20191027_singapore02_sp.jpg

前編はこちら

男のひとり旅 シンガポール編【後編】

さて、ここからはボクが15年ぶりに訪れたシンガポールの”今”を食を中心にご紹介。まずは豪華ランチから。ぽっと出のマリーナベイ・サンズ(失礼!)に押され気味だが、やはり「ラッフルズホテル」は風格という点で、まるで趣が異なる。中でも評判のいい「イー バイ ジェレミー レオン」でランチをしてきた。

「イー バイ ジェレミー レオン」のエントランス。あまりの人気ぶりに人がいなくなるまでしばし待った。写真を撮るのにもひと苦労
入り口から受付までの幻想的な空間
入り口から受付までの幻想的な空間。陰陽の思想を取り入れたそうで、玄関は白一色

改装されたばかりの本館に位置するモダンなチャイニーズ。ここでのランチはなかなか充実した中華だった。その雰囲気や設えもさることながら、その料理の組み合わせの妙味が素晴らしい。

このレストラン、なかなか予約が取れないそうで、もし訪れるなら早めにアクションを。Jereme Leungシェフは今、シンガポールでも指折りの料理人だとか。たしかに素材の合わせがおもしろく、これから追いかけてみたいと思わせる内容だった。

料理をチェック(写真5枚)

最も気に入ったスープ
今回、最も気に入ったスープ。海鮮なのでサンセールのロゼと

一番気に入ったのはスープ。8時間煮込んだ鶏のだしにホタテにエビ、イカなどを贅沢に。黄色なのはカボチャが入っているから。そして、このスープとメインに和牛に使われているのが、”5-year Vintage Turnip”。つまり、5年熟成されたカブってこと。言われてみれば奥行きのある味わい。発酵食品使いうまいもんね、アジアのシェフって。

まずはシャンパーニュ。3000本限定のラッフルズ ホテルのオリジナル

まずはシャンパーニュ。3000本限定のラッフルズ ホテルのオリジナル

蓮根に黒米を詰めたものにキンモクセイの花のシロップ漬けで濃密な甘さ

蓮根に黒米を詰めたものにキンモクセイの花のシロップ漬けで濃密な甘さ

その後がいわゆるよだれ鶏。こっちは火を噴くほどに辛い

その後がいわゆるよだれ鶏。こっちは火を噴くほどに辛い

調子が上がってきたから、昼だけど赤ワインもいっちゃえ〜

調子が上がってきたから、昼だけど赤ワインもいっちゃえ〜

メインは和牛。中華風のステーキですな

メインは和牛。中華風のステーキですな

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Mar. VOL.309

3

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

Smartnewsでチャンネル登録
今月の読者プレゼント
サステナ
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop