こんなスーパーカーにも便利さは必要か!?「マクラーレンGT」に試乗

Facebook
Twitter
ゴルフバッグだって積めるスーパーカー「マクラーレンGT」登場

ゴルフバッグだって積める

マクラーレンがスポーツ・スーパー・アルティメットに次ぐ第4のシリーズ、GTをリリースした。マクラーレンらしさを失わないミドシップスポーツカーでありつつも、快適性と実用性、さらにはラグジュアリィ性をも新たに備えた、言ってみれば”贅沢スーパーカー”シリーズの誕生だ。

ベースとなったのは最新のスーパーシリーズ720S。けれども内外装のデザインはもとより、自慢のカーボンモノコックボディや、4L V8エンジンと7速デュアルクラッチミッションのパワートレーン、さらには電子制御のシャシーセッティングなどなど、メインとなるメカニズムパートはすべて専用チューニングを受け、従来のシリーズ群とはひと味もふた味も異なる世界観を提案している。

マクラーレンGT
今年の10月頃より順次納車が予定されているマクラーレンGT。日本での販売価格は2645万円(消費税10%)となっている。

従来のマクラーレンシリーズといえば、”世界一のレーシングカーコンストラクター”ブランドらしく、見た目にエアロダイナミクス性能の高さを誇示するデザインを採用していた。GTもまた空力的に優れていることは論を待たないが、デザイン的にはあくまでもエレガンス性を重視しており、”汗臭さ”とは無縁のシンプルかつ優雅なラインで構成されている。

とくに、水平に切られたユニークなハンマーシェイプのノーズや、磨かれた玉のように美しいルーフライン、そしてグラマラスなリアフェンダーにボクは惹かれた。ノーズの位置が高いのは、段差などを乗り越えやすくするためで、ドイツ製スポーツサルーンと変わらない地上高とアングルを備えている。

マクラーレンGT
ボディサイズは全長4683×全幅2095×全高1213mm。0-100km/h加速3.2秒という加速性能を支えるため、かなり広めの車幅となっている。

幅が広く(2m超え)、そして長く高くなったから、実際にGTを目の当たりにすればそのサイズの大きさに驚かれるかも知れない。

マクラーレンは炭素繊維強化樹脂(CFRP)を成型して造った独自のボディ骨格(モノコックボディ)を全てのモデルに使ってきた。そのボディ&シャシーを起点にサスペンションシステムを備え、サブフレームを介してエンジンその他を搭載するという、レーシングカーとよく似た構造を採っている。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Jan.&Feb. VOL.308

1・2

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

Smartnewsでチャンネル登録
今月の読者プレゼント
サステナ
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop